カテゴリー「車・モーターショー・バイク」の47件の記事

2018年5月17日 (木)

家族連れが懐かしむ年代ではないような・・・

◆MBニュース

初代クラウンからコスモスポーツまで昭和の名車・旧車がズラリ!福岡「日本の歴史名車館」 

Img_5424 休日は、子連れのファミリーからカップルで賑わう広大な「海の中道海浜公園」(福岡市東区)。そんな福岡市民憩いの場に、昭和の名車が数多く展示されている「日本の歴史名車館」があるのを知っていますか?

 建物の外観からは、「どんな車が展示されているの?」という疑問をもちつつも入ったことがない人も多いかもしれませんね。ということで、昭和の名車がズラリと並ぶ館内を紹介していこうと思います!

■ 昭和20~40年代の国産車をメインに40台以上が展示

 海の中道海浜公園のワンダーワールドにある水色の建物が目印である「日本の歴史名車館」。入口には昭和36年式の初代トヨタクラウンがお出迎え。その脇の階段を登っていくと、展示されている車両の写真が飾られています。2階がメインの展示スペースとなっており、扉を開けると、昭和38年式の真っ赤な日野ルノーがお出迎え。その並びにはマツダのロータリーエンジン搭載車コスモスポーツが並び、ダットサン・フェアレディやスカイライン、日野コンテッサやスバル360などがメーカーごとに並んでおり、トヨタコロナに至っては、初代から3代目までが並んでおり、モデルチェンジするたびにデザインが変わっていった様子がわかりやすく展示されています。

 館内には、展示車両と時代を同じくする福岡の街の風景写真が数多く掲示されており、見る人によっては懐かしく感じるでしょう。なかなか海の中道海浜公園に親子3代でくる姿は見られない光景ですが、この歴史館なら、お孫さんとおじいちゃんという組み合わせもアリ、当時の様子を思い出しつつ次世代に語り継ぐ、なんてこともできちゃいますよね。

 また車だけでなく、バイクなど2輪車も展示されていますので、陸王やメグロ、富士重工(スバル)のラビットなども間近でみることができます。別途、入館料が500円(大人・子供共通)となりますが、展示内容からすると、車に興味がある人にとって決して高くは無いのではないでしょうか。
 

東京ウォーカー 5/17(木) 18:00配信

 ×日本の歴史名車館 ○日本の名車歴史館・・・お客さんが入って行くところを見たことがありません。

Img_5438_2
 観覧料金500円は決して高いです!(なので入ったことがありません)

 お金を使いたくないので(安い入園料で1日時間をつぶせる)うみなかに行くのに・・・・

Img_5427
 大人300円・子ども100円くらいにしたら3倍くらいに入館者が増えるのでは?

Img_5423
 いつのまにやら(今年の4月からのよう)、うみなかの入園料が値上がりしていました。

 大人 410円 → 450円

労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

 適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Ac005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

クルマの燃費メーター信じられる?

◆MBニュース

スバル社長、燃費データ書き換え認める

 スバルの吉永泰之社長は2日、完成した車の燃費を確認するために行う「抜き取り検査工程」の一部で、測定値の書き換えがあったと明らかにした。燃費が一定の範囲におさまるよう不正に測定値を改ざんしていた。吉永氏は記者会見で「カタログ値が変わることではないが、大きな問題だ」と話した。

 スバルが無資格者に完成車の検査をさせていた問題で、外部の弁護士による抜き打ち検査で昨年12月に測定値の不正の疑いが発覚。外部の弁護士らが調査を進めていた。同社によると、品質への影響はないという。3月末までに最終的な調査内容を報告するという。

朝日新聞 3/2(金) 14:50配信

 先日、マイカーの普通車(スバルではない/ハイブリッドでもない)が信号で止まった時にカウントがちょうど5千キロでしたので素早く撮影。

Img_2582
 メーターに燃費が表示されるので便利ですが、これも実際とは結構誤差がありそうです。(実際の1割増しくらいの数字?)

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

17030899

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

グリッドがだめならラウンドも?

◆MBニュース

F1がレースクイーン廃止を発表!「現代の社会規範に適さない」

 フォーミュラ1の公式サイトは「フォーミュラ1(以下F1)はレースクイーン起用を中止する」との声明を出した。「F1は、2018年のグランプリシーズンの開幕にあたり、レースクイーンを起用してきた長年の慣例を終了させる。この変更は、グランプリ週末に行われる他のモータースポーツ競技にも当てはまる」との声明を発表した。 F1は、3月25日にオーストラリアのメルボルンで開幕するが、このオーストラリアGPからレースクイーンが廃止されることになった。

 これまでは、レース前のグリッドの時間などを使って、レースクイーンが、大会プロモーターやスポンサーの広告宣伝活動を手伝い、華やかで魅力的な光景をF1グランプリにもたらしてきたが、近年、「女性蔑視ではないか」という社会的な批判の声が強まっていた。

 F1商業部門のショーン・ブラッチス運営責任者は、「この素晴らしいスポーツ競技に、我々のビジョンをより反映させるため、変更を必要と感じるいくつかの分野を検証してきた。レースクイーンの起用は、F1グランプリにとって数十年にわたって定番となってきたが、この慣習は我々のブランド価値に合うものではなく、現代の社会規範と、かけ離れていると感じている。この慣習は世界中の長年の、また新しいファンを含め、F1に適しているとは思えない」とレースクイーンを廃止した理由を説明している。(以下記事省略)

THE PAGE 2/1(木) 5:39配信
 各車スタートポジションに立つグリッドガールと似たように(?)ボクシングなどでラウンドカードを持って登場するラウンドガールも(現代の社会規範とかけ離れていると判断されて)廃止の方向へいくかも。
Img_6380
 モーターショーなどにもコンパニオンがいなくなったら(ただでさせ車に興味のある人が減ってきているのに)来場者減は避けられないような・・・
Img_2673
Img_4116
 どうなることやら・・・
Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

 適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

17030755

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

北部九州クルマの歴史と未来展2017見学

Img_1704 カーアイランドと呼ばれる九州の自動車産業の歴史などが勉強できる福岡国際会議場で開催の福岡モーターショー2017関連(特別)企画「北部九州クルマの歴史と未来展」を見学。
Img_1705
今回は主にトヨタ自動車九州、日産自動車九州、ダイハツ九州の工場の歴史や製造モデルが紹介されていましたので簡単にご紹介。

○トヨタ自動車九州(1992年生産開始)

Img_1720Img_1722 創業時はマークIIの1車種のみの生産から始まったよう。

Img_1568
 現在は高級ブランドのレクサスを主力生産しており、中国向けは福岡市東区の香椎ポートパークから船に積み込まれて輸出されています。

Img_1537Img_1752

Img_8509

 我が家からは一番近い自動車工場(宮若市/車で1時間くらい)なので、息子が小学生の時に一緒に工場見学に出かけました。
Pa040006Pa040021

○日産自動車九州(1975年生産開始) 
 主に輸出モデルを生産しているとのこと。

Img_1539

 日産九州工場の生産第1号車のダットサントラック

Img_1744
Img_1754
 各工場が行っている地域貢献事業の紹介パネルもありましたが、ニッサンこども特派員には息子も参加させて頂きました。(それとは別に工場見学にも行きました)

Pa190005Img_6587

 かつては天神イムズにショールームがあり懐かしい名車からレーシングカー、最新車などを観ることが出来ましたが車への関心が減ってきているのか(何社かありましたが)全て無くなってしまっています。

※(下画像/イムズ日産ショールーム)Img_5613

○ダイハツ九州(2004年生産開始)

Img_1709Img_1710

Img_1706
 展示されていた昭和の町豊後高田のミゼットは前橋工場で生産されていたものとのこと。

Img_1714

 中津の組立工場はまだ見学していませんので機会があれば行きたいです。

○最先端の安全運転機能等を搭載したコックピットデモ展示・体験

Img_1774
Img_1770

○九州学生製作車輛展

Img_1549
Img_1558

※福岡国際センター(外国車)見学の様子は(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-4d53.html)をご覧ください。

※マリンメッセ福岡(国産車)見学の様子は(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/1-19e9.html)をご覧ください。

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

クリックで詳細内容へ

Active04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

福岡モーターショー2017(外国車)見学

 家族(妻と息子)で2年1度のお楽しみ、モーターショー見学。

 マリンメッセ福岡から国際センターへと移動しましたが、国際会議場とサンパレスの間に映画広報のロンドンバスが。

Img_1382
Img_1397 せっかくなのでパディントンといっしょに記念写真。

 福岡国際センターが外国車輛の展示場となっています。

 前回(2年前)は外車の高級感を演出するコンパニオンさん撮影に重点をおいての見学でしたが・・・今回は・・・

Img_0419
 まずは”見るだけ”の超高級車群(フェラーリ、マクラーレン、ロールスロイス ほか)

Img_1477
Img_1457
Img_1470

※ ランボルギーニはマリンメッセ福岡に展示

Img_1685
 普段は外車には全く縁が無いので、この機会に乗れるクルマにはシートにすわってその高級感を体感。

Img_1500Img_1494

Img_1508Img_1510

 

 2階席前が各種グッズ販売、PRブースや食事(グルメ)コーナーとなっていました。

Img_1448
Img_0418

※2階から見た会場内

Img_1428
Img_1423

Img_1437

Img_1432
 屋外には”はたらくクルマ”展示

Img_1521

 続いて(国際センター見学を終えて)、福岡国際会議場の方へ移動。

※福岡国際会議場(北部九州クルマの歴史と未来展)見学の様子は(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-a7be.html)をご覧ください。

※マリンメッセ福岡(国産車)見学の様子は(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/1-19e9.html)をご覧ください。

2017fm

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Ac019

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡モーターショー2017(国産車)見学

Img_1139 本日(12/16・土)午前(開場時刻に合わせて・・・9時すぎころ到着)、妻と息子(高2)の三人で、博多のベイサイド周辺に集中するコンベンション施設3ヶ所を会場に昨日から4日間開催されている「福岡モーターショー2017」を見学に出かけました。

 まずは国産車を見学しようとマリンメッセへ。

 入場してすぐさま妻と息子は2FのグランツーリスモSPORT(シミュラーター)体験コーナへ直行(その間私は展示車見学)

Img_1271
 妻と息子はそこまで車には興味が無いようなので主に体験コナーなどを廻っていました

Img_1330
 屋外では「モータースポーツ」をテーマにした展示・搭乗体験。

◎各種カテゴリーのレーシングカー

Img_1588
Img_1593
Img_1362
Img_1592 寒風吹きすさぶ野外テントの中で、切抜きの模型づくり体験が出来るようでしたので参加(自由)しましたが、見本を見ながらかじかんだ手での作業を10分くらい頑張りましたが全く歯が立たず断念して家に持って帰って製作(屋内でも完成まで15分くらいはかかりました)。

 Img_1698
  プラスチックなので結構リアルでしっかりとしたつくりでした。

Img_1349

 ここからがメインのモーターショー展示内容ですが、まずは(マリンメッセ展示の)国内メーカー9ブランドを展示案内番号順に(紹介内容と撮影写真により)ご紹介。

■A-1 マツダ

<マツダは”走る歓び”で、クルマを愛する人に人生の輝きを提供>

Img_0303Img_1666_2

■A-2 スバル

<最高水準の安全性能による安心と、走りの愉しさを追及>

Img_1213Img_1661


■A-3 日産

< 日産は「ニッサン インテリジェント モビリティ」という取り組みを通して、クルマを未来へ導く >

Img_1197Img_1303

■A-4 ホンダ

< モビリティーを通じて生まれる、より豊かな生活の形を提案 >

Img_1174Img_1159


■A-5 トヨタ

< 「START YOUR IMPOSSIBLE - クルマから愛を、もっと。」テクノロジーとエモーションを融合させて未来の”愛車”を生み出していく、トヨタの挑戦 >

Img_1241Img_1606


■A-6 ダイハツ

< シンプル・スリム・コンパクトなものづくりの技術を新たな次元に >

Img_0342Img_0372

■A-7 スズキ

< ”ワクワク”を、誰でも、どこへでも >

Img_1228Img_1267


■A-8 レクサス

< さらなる高みを目指すラグジュアリーブランド >

Img_123002

■A-9 三菱

< ”Drive your Ambition”のメッセージの下、新しい価値を提供 >

Img_1238

Img_0429

 ①9:30~マリンメッセ福岡(国内車)見学後 → ②福岡国際センター(外国車) → ③福岡国際会議場(北部九州自動車未来展) → 再び① と周って14:00に会場を後にしました。

※福岡国際センター(外国車)見学の様子は(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-4d53.html)をご覧ください。

※福岡国際会議場(北部九州クルマの歴史と未来展)見学の様子は(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-a7be.html)をご覧ください。

(追記)

 野外スペースでレッドブルの缶ジュース、ロビーで11:00からと14:00からの2回ノンアルコールビールの無料配布(飲酒運転撲滅キャンペーン)ありましたので頂きました。

Img_1585Img_1346_2

2017fm

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

 適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

17030755

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お目当ては 色とりどりの モーターショー

◆MBニュース

【福岡の美人コンパニオン多数】「福岡モーターショー2017」開幕!

 12月15日(金)より、いよいよ「福岡モーターショー2017」が開幕。マリンメッセ福岡など3つの会場に魅力あふれる車やバイクが集結し、初日から大いに盛り上がりを見せている。

 今回で6回目となる「福岡モーターショー」。今年は「クルマと変えよう暮らしの未来」をテーマに、国内4輪9ブランド(トヨタ、レクサス、ホンダ、日産、ダイハツ、スバル、マツダ、スズキ、三菱)、国内2輪2ブランド(ホンダ、スズキ)、輸入4輪19ブランド(アウディ、フェラーリ、BMWほか)、輸入2輪などを展示。12月15日(金)より12月18日(月)の4日間にわたり、マリンメッセ福岡・福岡国際センター・福岡国際会議場の3会場で開催されている。

 会場には、最新技術によるコンセプトカーやエコカーなどの次世代車をはじめ、モーターファン垂涎の展示がめじろ押し。そして忘れてならないのは、そんなマシンたちに負けじと注目を集め、会場の熱気をさらにムンムンにしてくれる美人コンパニオンの存在。各ブースには、これぞ「美人の街・福岡!」といわんばかりに美女たちが勢ぞろい。思わず目を奪われること必至だ。

 美女たちが華やぎを添える展示以外にも、ファミリーで楽しめる企画やグルメコーナー、最新市販車の試乗会などさまざまなイベントを実施。入場料は大人1,400円、高校生以下無料。2年に一度、冬の福岡をアツくする「福岡モーターショー2017」をお見逃しなく!

東京ウォーカー 12/16(土) 0:44配信

Img_1253 本日家族(3名)で、2年に1度の目の保養に福岡モーターショー見学に出かけました。

 記事のとおり例年以上(?)に美人コンパニオンの方が多かった印象。

◎トヨタ

Img_0427
◎マツダImg_0306

◎ダイハツ

Img_0334

◎三菱

01

◎スズキ

Img_1258

◎スバルImg_0455

◎レクサスImg_0393

◎アルファロメオ

Img_0412
◎アストンマーチン

Img_0407_2
◎ロールスロイス

Img_0422
 詳しい展示内容はまた別にアップ予定。

(追記)

※マリンメッセ福岡(国産車)見学の様子は(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/1-19e9.html)をご覧ください。

※福岡国際センター(外国車)見学の様子は(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-4d53.html)をご覧ください。

※福岡国際会議場(北部九州クルマの歴史と未来展)見学の様子は(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-a7be.html)をご覧ください。

労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

 適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Ac005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

2年に1度の外車に乗りまくれるイベント12/15~18

◆MBニュース

輸入車販売、30万台超えへ ベンツ、BMW…独勢好調

 2017年は輸入車市場が活況で、20年ぶりに年間販売が30万台を超えることがほぼ確実となった。日本の消費者の好みに合わせた商品展開が功を奏し、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」も輸入車が獲得。株価上昇も、富裕層による高級車消費を後押ししている。

 日本自動車輸入組合(JAIA)が発表した1~11月の外国メーカー車の新車登録は、昨年同期比3・6%増の27万4595台。12月が昨年並みにとどまっても、消費増税前の駆け込み需要で30万台を超えた1997年と同水準になる。

 16年まで2年連続で輸入車首位の独メルセデス・ベンツは、人気のSUV(スポーツ用多目的車)などの品ぞろえを拡充。日本法人の上野金太郎社長は11月下旬、都内のイベントで「この調子でいけば(輸入車1位を)獲得できる」と自信を見せた。

 輸入車3強を争うBMW、フォルクスワーゲン(VW)のドイツ勢も、前年からの伸び率ではメルセデスを上回る。排ガス不正の影響で16年は販売が伸び悩んだVW日本法人のティル・シェア社長は10月下旬、「日本市場は重要だ。信頼や売り上げが反転して大変うれしい」と述べた。

朝日新聞 12/12(火) 7:20配信

 今週末(15日・金曜日)から福岡モーターショーが開幕(月曜までの4日間)します。

 見学へ行く予定ですので、外国車ディーラーへ行くことが全く無いので、今年は(2年に1度のこの機会に)乗り込んでみるの(外車のシート体験)を楽しみにしています。(下画像は前回2015年の様子)

Img_3562
Img_2700
Img_3560
Img_3610
 高校生以下は入場無料なので息子(高2)も連れて行く予定。

Img_0148
2017fm

(追記)
 12月16日、家族(妻と高2の息子)で見学に出かけました。
Img_1495
 福岡国際センター会場見学の様子は(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-4d53.html)をご覧ください。
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

 適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Ac005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

福岡市ロープウエー構想進展へ

◆MBニュース

<福岡市>ロープウエー構想 博多港WF→博多駅→須崎公園

◇高島市長が構想公表、「検討をスタートさせたい」

 福岡市の高島宗一郎市長は5日、再整備を計画している博多港のウオーターフロント(WF)地区とJR博多駅、須崎公園(同市中央区天神)をロープウエーで結ぶ構想を公表し「検討をスタートさせたい」と述べた。

 自身が開催した政治資金パーティーで「福岡スカイウエー構想」と銘打ち「回遊性の向上を目指す」プランとして披露した。WF地区と博多駅をロープウエーで結ぶ構想は、市が約10年後の完了を目指すWF地区再整備計画公募でJR九州が提案していた。

 高島市長はWF地区と博多駅を結ぶ大博通りと、同地区と須崎公園間の那の津通り付近にロープウエーを通すイメージを紹介。「地下鉄の約7分の1の予算で完成する。移動手段プラス観光(資源)として使える」と利点を説明した。

 終了後「あくまでも夢を語った」と述べつつ「多くの人と夢を共有し、議会とも相談しながら本格的に検討に入ることができれば」と実現に意欲を示した。

毎日新聞 12/5(火) 22:59配信
 
 福岡市は昨年(2016年)の国際会議開催の件数が東京に次いで全国2位(2位は8年連続!)とのことで、コンベンション施設が集中しているベイサイド周辺へのアクセス向上が課題でしたが・・・
 福岡モーターショー2017が今月(12月)15日(金)~18日(月)開催されます。(会場/福岡国際センター・福岡国際会議場・マリンメッセ福岡)

Img_0148
 ※前回(2年前)の福岡モーターショー見学の様子は(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/2015-4aa0.html)をご覧ください。

Img_3357
(追記)
 協賛事業所様より入場券を頂きましたので家族で見学に出かける予定。(高校生以下は入場無料)
17120601※上画像クリックでモーターショー公式ホームページへ
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

 適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Ac019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

2年に1度の九州最大のモーターイベント

◆MBニュース

感情学ぶ「未来のくるま」=AI搭載の3種、トヨタが出展―モーターショー

 トヨタ自動車は16日、27日開幕の東京モーターショーに、人の感情や好みを学ぶ人工知能(AI)技術を搭載した3タイプの試作車を出展すると発表した。自動運転機能と組み合わせ、車いすの利用者なども含めてあらゆる人が移動の自由を楽しめる「未来のくるま」の姿を示す。

 出展するのは、4人乗り電気自動車(EV)の「トヨタ・コンセプト愛」と、世界初公開となる2人乗りEVの「ライド」、同じく初公開の立ち乗り式電動三輪車「ウォーク」。ドライバーの表情や動作を車載カメラなどで読み取り、AIが安全運転を促したり、普段の会話から興味を持ちそうな飲食店などの情報を提供したりする。

時事通信 10/16(月) 19:00配信
 2017年12月、博多・ベイサイド周辺のコンベンション施設にモーターファンの波が押し寄せる!

 2年おきに開催される福岡モーターショー2017は12月15日(金)~18日(月)

Img_0148
 東京モーターショーからの流れでの開催なので、出展状況をチェックしていきたいです。

 ※2年前の福岡モーターショー見学の様子は(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/2015-4aa0.html)をご覧ください。
Img_2490
2017fm
(追記)
 福岡モーターショー2017のホームページ(上バナークリック)を見ると、入選すると入場チケットももらえるカ―川柳コンテスト(締切10月23日)が開催されているようでしたので(チケットがもらえればラッキーなので)ネットから(E-Mail)応募しました。
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

 適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Ac005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧