« おふざけの代償○○○○○万円 | トップページ | アビスパの選手も知らないのに、サガンおや »

2019年2月12日 (火)

妖怪ウォッチ ポケモンのライバルになれず!?

◆MBニュース

「妖怪ウォッチ」直営店、10店舗以上→消滅へ 起死回生の鍵は「スマホ」?

 "第2のポケモン"といわれ、社会現象にもなった「妖怪ウォッチ」が苦境に陥っている。

 一時、10店舗以上あった、妖怪ウォッチの常設店「ヨロズマート」は閉店ラッシュが続き、ついに最後の店舗が営業を終える。子どもたちを再度振り向かせる打開策はあるのか――。

■好きなキャラ3位→圏外に

 ゲーム、テレビアニメ、映画、書籍などクロスメディア戦略が功を奏し、14年に人気に火がついた妖怪ウォッチ。玩具を手がけたバンダイナムコホールディングスは"妖怪ブーム"の恩恵を受け、15年3月期(14年度)のIP(知的財産)別売上高では妖怪ウォッチが552億円とトップだった。

 しかし、以降は329億円(15年度)、104億円(16年度)と低迷が続き、17年度はトップ10から漏れて売上高は公表されなかった。

 それを裏付けるように、バンダイの「お子さまの好きなキャラクターに関する意識調査」では、17年に3位だった妖怪ウォッチが、翌年はトップ10 圏外だった。

 常設店「ヨロズマート」は一時、東京、大阪、名古屋、札幌など全国に10店舗以上(小規模店なども含む)あったが、18年4月から閉店ラッシュが続き、唯一残っていた「福岡総本店」が19年2月24日に店を閉じる。(記事以下省略)

JCASTニュース 2/12(火) 11:34配信

02 JR博多駅ビルにポケモンセンターがあるのは知っていましたが、ヨロズマートの福岡総本店は存じませんでしたのでネットで調べると、キャナルシティ内にあるとのことで、以前はポケモンセンターがキャナルシティ内にありましたので移転に伴い入れ替わっていた?

03 一度も足を踏み入れないでの閉店(あと2週間ほど)となりそうです。

 TVアニメを最近目にしていませんでしたが、キャラが変わって人気が落ちたとのコメントのよう。

ブログランキングに登録しています


にほんブログ村

クリックで応援お願いします

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

クリックで詳細内容へ

Active04

|

« おふざけの代償○○○○○万円 | トップページ | アビスパの選手も知らないのに、サガンおや »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妖怪ウォッチ ポケモンのライバルになれず!?:

« おふざけの代償○○○○○万円 | トップページ | アビスパの選手も知らないのに、サガンおや »