« 田川市美術館で公募「英展」観賞 | トップページ | ラグビー選手を体感したい方は・・・ 福岡県庁よかもん広場へ GO! »

2019年1月30日 (水)

福岡のプロレスの聖地博多スターレーン3月末で終了

◆MBニュース

プロレスファン「西の聖地」3月末閉鎖へ 「博多スターレーン」西日本最大規模ボウリング場

 福岡市博多区のボウリング場「博多スターレーン」が施設の老朽化に伴い、3月末で営業を終了することが分かった。西日本最大規模を誇り、国際大会や全国大会の会場になってきた。イベントホールや貸会議室も併設し、特にプロレス興行が盛んに開かれていたことからプロレスファンの間で「西の聖地」として親しまれてきたが、ビルは解体され、再開発される。

 博多スターレーンは1972年11月開業。地上8階、地下1階で、84レーンのボウリング場のほか、ビリヤード場やホール、レストランなどを備える。JR博多駅筑紫口から約300メートルに位置し、催事場としても広く利用されていた。

 施設を運営するイースタンスポーツ(東京)によると、ビルの耐震性調査で補強工事が必要なことが判明。加えてビル内の配管や外壁なども老朽化が進み大掛かりな補修工事が避けられなくなっており、ビルを所有する親会社が解体を決めた。

 解体工事は6、7月ごろに始まる予定。解体後の再開発計画は未定だが、ボウリング場として活用する可能性は低いという。

 ビルはJR博多駅から半径500メートル以内で老朽ビルの建て替えを促す福岡市のプロジェクト「博多コネクティッド」の圏内で、同プロジェクトの支援策を活用して新しいビルを建設する可能性もある。

西スポ 1/22(火) 11:10配信

01 本日午後、合同庁舎へ手続きに行きましたので、帰りにすぐ横の博多スターレーンに(閉鎖2ヶ月前どのような様子か)寄ってみました。

 平日の昼間とあっては4階(主にフリー)は数えるほどのお客さん、6階の会員さん(思う)グループの人数の方が多いくらいでした。

02
04 来月、用具やグッズの終了セールがスタートするようでした。

 スターレーンはサラリーマン時代に勤めていた事業所(卸し業)が年に2、3回、2階ぶち抜きのイベントフロアで店舗向け展示販売会を行っていましたので、早朝から深夜まで搬入、搬出(出荷)などの作業の思い出が。

 商談用などにテーブル、椅子を並べていると、ぼこぼこなのが結構ありましたので、プロレスでは武器としても活躍しているのだろうと思っていました。

 復活が無いとなると、さわやか律子さんリアル世代にはちょっとショック。

ブログランキングに登録しています


にほんブログ村

クリックで応援お願いします

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Ac019   

|

« 田川市美術館で公募「英展」観賞 | トップページ | ラグビー選手を体感したい方は・・・ 福岡県庁よかもん広場へ GO! »

福岡の街並み・建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡のプロレスの聖地博多スターレーン3月末で終了:

« 田川市美術館で公募「英展」観賞 | トップページ | ラグビー選手を体感したい方は・・・ 福岡県庁よかもん広場へ GO! »