« 耳にはしましたが口にはしませんでした | トップページ | インディアンサマー »

2018年12月 4日 (火)

名ばかり研修にも労災保険

◆MBニュース

外国人実習生、労災死4年で30人 雇用者平均超す比率

 外国人技能実習生で労災による死亡と認定された人が、2014年度から17年度までの4年間で計30人いたことが厚生労働省のまとめで分かった。労災死する比率は日本の雇用者全体の比率を大きく上回っており、安全教育を十分しないまま建設や食品製造など事故が起こりやすい職場で働かせている受け入れ企業が多数ある可能性がある。

 厚労省によると、労働基準監督署に報告された実習生の死亡のうち、労災と認定されたのは14年度8人、15年度9人、16年度5人、17年度8人だった。死亡の詳細は明らかにしていないが、17年度については「転落や衝突事故などが多い」とする。

 実習生の数は14年16万7626人、15年19万2655人、16年22万8588人、17年27万4233人。労災死の集計とは年度と年の違いがあるのを踏まえたうえで、10万人当たりの労災死者を計算すると、年平均で3・64人だった。

 一方、日本の雇用者全体の労災死の比率は、14年から17年の年平均で10万人当たり1・73人で、実習生の半分ほどだった。

朝日新聞 12/4(火) 5:00配信

 可能性がある・・・ではなく、実習生(とは名ばかりの低賃金労働者)が(日本人が付きたがらない)3K(きつい、きたない、危険)職場で働く割合が高いことが要因でしょう。

Rh08
18ro_r なお、労働者の仕事上の怪我などに労災を使うにはまずは労働保険への加入が前提ですので、新規事業者の方は「雇ったら入る」をお忘れなく。

 ちなみに、仮に加入していなくても労災は労災なので補償の”義務”が使用者に課せられます/最悪全額事業主負担も。

Photo

◎外国人技能実習制度の場合の3K

・ きつい+きたない+危険がセット → 耐えられずに逃げる

・ 給料が安い → 髙い仕事に移りたいので逃げる 

・ 帰れない(多額の借金までして来ているので稼がないといけない) → 帰国したくないので逃げる

 逃げれない人は最終的には法廷に訴え出る(もしくは犯罪に走る)

ブログランキングに登録しています


にほんブログ村

クリックで応援お願いします

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Active04

 

|

« 耳にはしましたが口にはしませんでした | トップページ | インディアンサマー »

労働問題・ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名ばかり研修にも労災保険:

« 耳にはしましたが口にはしませんでした | トップページ | インディアンサマー »