« ホークスで活躍した投手の引退&退団ラッシュ | トップページ | 英展の季節(年の暮れ) »

2018年11月 4日 (日)

夏ミカンの木(葉)にアゲハの幼虫

Img_2366_r_2 本日、日帰りで田舎に帰省した時に、庭の夏ミカンの木の葉の剪定していましたら、アゲハの幼虫(いつさなぎになってもおかしくないような結構大きい)がいました。

Img_2367_r
 この時期(11月)のアゲハの幼虫はどのように蝶になるのかネットで調べたところ、さなぎで冬を越して春暖かくなって蝶になるようで、さなぎで冬眠状態となるようです。

 カエルの餌にしようと持ち帰りましたが本当にそうなるのか試したい気も。

Img_2371_r
 ちなみに今年の夏は餌に持ち帰ったアゲハ幼虫(の一部)はすぐにさなぎになりましたのでほったらかしにしていましたら、いつの間にか(2週間くらいで)蝶になっていました。

 家で飼育(さなぎにして冬越し)にはちょっとしたテクニックがいるようです。

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

17030888_2

|

« ホークスで活躍した投手の引退&退団ラッシュ | トップページ | 英展の季節(年の暮れ) »

公園・アウトドア・生きもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏ミカンの木(葉)にアゲハの幼虫:

« ホークスで活躍した投手の引退&退団ラッシュ | トップページ | 英展の季節(年の暮れ) »