« 10月1日から賃金(時給)カエル | トップページ | 博多港へのクルーズ船寄港 減少へ!? »

2018年9月18日 (火)

笛吹けど踊らず(兼業推進)

◆MBニュース

副業、4分の3が認めず=企業、過重労働を懸念

03_2 政府が推進する会社員の副業や兼業について、4分の3以上の企業で認める予定がないことが、厚生労働省所管の独立行政法人、労働政策研究・研修機構の調査で明らかになった。

 認めない企業の82.7%が「過重労働で本業に支障を来す」と答えた。企業の抵抗感が依然として根強い様子がうかがわれる。

 調査では75.8%の企業が副業・兼業の許可について「予定なし」と回答。「許可している」は11.2%、「許可を検討している」が8.4%だった。許可しない理由では過重労働のほか、「労働時間の管理・把握が困難」が45.3%と、複数の職場を掛け持ちする中での実務上の問題を挙げた。

 労働者に対する調査では、副業・兼業を「新しく始めたい」との答えが23.2%、「機会・時間を増やしたい」が13.8%。一方、「するつもりはない」は56.1%だった。

 副業をしたい理由では「収入を増やしたい」が85.1%でトップ。逆にしたくない理由は「過重労働で本業に支障を来す」が61.6%、「家族や友人と過ごす時間を重視する」が56.5%で上位を占めた。

 調査は2~3月に実施し、全国の従業員100人以上の企業2260社、労働者1万2355人から回答を得た。政府は1月にガイドラインやモデルとなる就業規則を策定し、原則として副業や兼業を認めるよう企業に求めている。 

時事通信社 9/18(火) 15:24配信

 マイナンバーの導入で(複数箇所で働いても)労働者の所得が特定しやすくなったこともあり誘導しようとしているふしがありますが、どっこい(別の魂胆もあると思われる)まだ思惑通りにはいっていないようです。

 一方では休暇も多く取らせたいようなので矛盾があるような。

1308nenkyu
Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

At555

|

« 10月1日から賃金(時給)カエル | トップページ | 博多港へのクルーズ船寄港 減少へ!? »

労働問題・ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笛吹けど踊らず(兼業推進):

« 10月1日から賃金(時給)カエル | トップページ | 博多港へのクルーズ船寄港 減少へ!? »