« 杉内投手引退 元は ホークスorジャイアンツ | トップページ | 注目の判決は明後日14日 »

2018年9月12日 (水)

えっ まだ煙吐いてるの?

◆MBニュース

男性の喫煙率、3割切る 20代のたばこ離れも加速 厚労省調査で判明   

 厚生労働省はこのほど、「平成29年 国民健康・栄養調査」の結果を発表した。調査によると、2017年の時点で習慣的に喫煙している人の割合は、前年比0.6ポイント減の17.7%だった。男女別の喫煙率は、男性が29.4%、女性が7.2%で、男性の数値が初めて30%を切った。

 習慣的に喫煙している人の割合は、男性では「30~39歳」が39.7%で最多。「40~49歳」(39.6%)、「50~59歳」(33.4%)、「60~69歳」(30.6%)、「20~29歳」(26.6%)、「70歳以上」(16.2%)と続いた。

 女性では、「40~49歳」(12.3%)が最多。「50~59歳」(9.8%)、「30~39歳」(8.5%)、「60~69歳」(7.3%)、「20~29歳」(6.3%)、「70歳以上」(2.9%)という結果だった。

 喫煙者の中で「たばこをやめたい」と考えている人の割合は、前年比1.2ポイント増の28.9%。男性では26.1%、女性では39.0%が禁煙の意向を持っていた。

 男女年代別では、男性では「20~29歳」(30.4%)、「70歳以上」(28.3%)、女性では「70歳以上」(58.1%)、「50~59歳」(47.1%)に、たばこをやめたい人が特に多かった。

 たばこを吸っていない人が受動喫煙する機会が多い場所は、「飲食店」が42.4%でトップ。「遊技場」(37.3%)、「路上」(31.7%)、「職場」(30.1%)も多かった。

 調査は17年11月に実施。全国の3076世帯に健康状態や習慣を聞いた。    

ITmedia ビジネスオンライン 9/12(水) 11:03配信

 サラリーマンに限ってはまだ半分以上の印象。

 まだタバコの価格がそれほど高くなかった頃に吸い始めた方がニコチン依存症でやめられないのだろと思われますが、徐々に価格が高くなって、若い人は健康意識の高まりよりは、スマホなどの通信費にお金がかかるので(無駄な出費を控えたい)手を出さなくなってきているようです。

12kinen

 サラリーマン(会社内)も世代交代するに連れて喫煙率減っていくことは予想されますが積極的に喫煙者を減らす事業場も増えてきてます。

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

 適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Taisaku

|

« 杉内投手引退 元は ホークスorジャイアンツ | トップページ | 注目の判決は明後日14日 »

労働問題・ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えっ まだ煙吐いてるの?:

« 杉内投手引退 元は ホークスorジャイアンツ | トップページ | 注目の判決は明後日14日 »