« 労働時間管理義務化へ | トップページ | 2017年トリアスの花火 13(日)・14日(月)  »

2017年8月 9日 (水)

ミサイル着弾に備えあれば憂いなし

◆MBニュース

北朝鮮が「グアム周辺に火星12を発射」と米トランプ政権に警告 小野寺防衛相名指しで「日本列島を焦土化できる」

 北朝鮮の朝鮮人民軍戦略軍は、北朝鮮に対するトランプ米政権の軍事的圧迫を非難し、中長距離弾道ミサイルと称する「火星12」で「グアム島周辺への包囲射撃を断行する作戦案を慎重に検討している」と警告する報道官声明を発表した。朝鮮中央通信が9日、伝えた。

 声明は、作戦案が間もなく最高司令部に報告され、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が決断を下せば「任意の時刻に同時多発的、連発的に実行されるだろう」と主張。米国に「正しい選択」をし「軍事的挑発行為を直ちにやめるべきだ」と迫った。

 トランプ政権が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行ったり、戦略爆撃機を韓国に飛来させたりしていることに反発したもので、爆撃機の出撃基地のあるグアムをけん制して警告を送るためだとしている。火星12は、5月に試射され、グアムに届く5千キロ前後の射程があると推測されている。

 朝鮮中央通信は9日、「敵基地攻撃能力」保有の検討に言及した小野寺五典防衛相や、安倍晋三首相を名指しで非難し、「日本列島ごときは一瞬で焦土化できる能力を備えて久しい」と威嚇する記事も報じた。

産経新聞 8/9(水) 11:33配信
 福岡市は朝鮮半島に近いことから、すでに朝鮮戦争(北朝鮮の暴発→日本への攻撃)を予測した対応が進んでいます。
 ミサイルが飛んでくることを想定して、頑丈な公共施設には避難所となることから戦時の行動を啓発する張り紙が見られます。(下画像クリックで拡大)
Img_0156
 インフラの混乱も予想して、我が家でも自宅での備え(水や食料)の備蓄を進めています。
 
 北朝鮮が開戦する時は、親分の中国には事前に連絡するとおもわれますので、毎日のように博多港に入港する(主の中国人を数千人乗せた)大型クルーズ船が来なくなったら福岡へのミサイル着弾の目安となるかも。
Img_0149
Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

 適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Taisaku

|

« 労働時間管理義務化へ | トップページ | 2017年トリアスの花火 13(日)・14日(月)  »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171728/71376260

この記事へのトラックバック一覧です: ミサイル着弾に備えあれば憂いなし:

« 労働時間管理義務化へ | トップページ | 2017年トリアスの花火 13(日)・14日(月)  »