« 10/16(日)新幹線ふれあいデー2016 | トップページ | 9/11(日)西鉄レールあんどハイク千早駅集合 »

2016年9月 8日 (木)

リオパラリンピック開幕 競技放送時間増とのこと

◆MBニュース

 リオパラあす開幕 TV放送は大幅増、見据える先は東京

 第15回夏季パラリンピック・リオデジャネイロ大会が7日(日本時間8日午前)、開幕する。159カ国・地域の選手と、国際パラリンピック委員会(IPC)が今大会で初めて設けた「難民選手団」の2人を含めた約4300人が22競技に参加する。

 日本からは17競技に選手132人のほか、マラソンの伴走者など競技パートナー15人が出場。車いすテニス男子シングルスの国枝慎吾は3連覇を目指し、陸上の土田和歌子は夏と冬、合わせて7回目の大舞台を迎える。大会は18日まで12日間にわたって行われる。

 リオデジャネイロ・パラリンピックは、これまでに比べて国内のテレビ放映時間が大幅に増える。24時間の専門チャンネルやインターネット中継も予定されている。

 NHKは12日間の期間中、生中継を毎日実施する。4年前のロンドン大会の放送時間は45時間だったが、今回は総合テレビ、Eテレ、BS1を合わせて、約3倍の120時間以上になるという。朝の情報番組に出演している有働由美子アナウンサーが現地キャスターを務める。

 目玉の一つが、Eテレである「みんなで応援! リオパラリンピック」だ。アイドルグループ「V6」の三宅健さんと手話キャスターが番組を進行。目や耳が不自由な人も競技の様子がわかる放送だという。

 NHK広報部は、放送時間の増加について、2020年東京パラリンピックを挙げ「障害者スポーツにこれまでにない関心が寄せられるようになった。リオ大会はパラリンピックの認知度を高めるための絶好の機会」としている。インターネットでの生中継も行う。

 衛星放送「スカパー!」は、14年の冬季ソチ大会に引き続き、24時間放送の専門チャンネルを開設。「ストロングポイント」(BS日テレ)や「PARA☆DO!」(フジテレビ)、「アスリート夢対談!」(BS―TBS)など、民放各局も大会前から障害者スポーツにスポットをあてた番組を相次いで始めている。

朝日新聞デジタル 9月7日(水)10時55分配信

15ben 前回(ロンドン)の時に放送が少ない(ほとんど無い)との印象でしたので(ハイライトだけではなくライブの試合も見たいので)期間中新聞のTV覧をチェックしたいです。

(右画像:土田和歌子選手/2015年防炎品啓発ポスター)

※女優さんの名前でも検索出来る啓発ポスター画像収集サイト
Wkps
Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Active04

|

« 10/16(日)新幹線ふれあいデー2016 | トップページ | 9/11(日)西鉄レールあんどハイク千早駅集合 »

アイドル・タレント・ポスター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171728/67399035

この記事へのトラックバック一覧です: リオパラリンピック開幕 競技放送時間増とのこと:

« 10/16(日)新幹線ふれあいデー2016 | トップページ | 9/11(日)西鉄レールあんどハイク千早駅集合 »