« 富士通にパクリ疑惑?給食大将 | トップページ | 餌(虫)捕りの予定が・・・海岸清掃 »

2015年8月22日 (土)

明日(8/23)第2回しんぐう砂の芸術祭開催

 明日の日曜日、昨年家族チーム(3人)で砂像造りに挑戦した、福岡市東区のお隣、新宮町の海水浴場(新宮海岸)で「第2回 しんぐう砂の芸術祭」が開催されます。(以下画像は昨年の様子)

Img_8412

 今年は息子が来春受験生なので塾などで忙しいようでメンバーがそろわなかったので挑戦(応募)できず残念ですが、(砂像コンテスト)スケジュールを見ると、前年は午前のみ(4時間ほど)製作時間で作っていて短かったですが、今年は午前午後と制作時間が長くなっているようなので、昨年もすごい作品が見られましたがさらにすごい砂像の作成が見れそうな予感。(昨年第1回の様子はhttp://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/1-bce7.htmlをご覧ください)

Img_8397

 詳しくは砂の芸術祭公式HP(http://sandart.jp/)をご覧ください。

(追記)

 観に行けませんでしたのでニュース記事

◆MBニュース

砂の芸術、38チーム挑戦 新宮海岸で催し 1万5000人見学

 新宮町の新宮海岸で23日、砂像制作を競う「しんぐう砂の芸術祭」があった。自慢の白砂青松を舞台に参加型イベントで町を活性化しようと、町商工会青年部(南部育央部長、約30人)が昨年から始め、2回目。町内外から小中学校や地域、職場、友人グループなど38チームが出場し、約1万5千人が見学に訪れた。

 2メートル四方の広さに、4時間半以内に自由テーマで砂像を制作。本格的な恐竜の化石や奇抜なオブジェ、アニメ映画のキャラクター、動物、世界遺産、福岡市東区志賀島出土の金印など、多彩な砂の彫刻群が出現し、砂浜をにぎわせた。

 同町相島の島おこしグループ「相島ドリームワークス」は島内の国史跡「相島積石塚(つみいしづか)群」に挑戦。本物の10分の1の大きさで古墳の一つをリアルに仕上げ、三船清和代表(46)は「これを見て、島に来る人が増えれば」と期待していた。

西日本新聞 08月24日 00時15分配信

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

クリックで詳細内容へ

Active04

|

« 富士通にパクリ疑惑?給食大将 | トップページ | 餌(虫)捕りの予定が・・・海岸清掃 »

イベント(学習・体験)案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171728/61275337

この記事へのトラックバック一覧です: 明日(8/23)第2回しんぐう砂の芸術祭開催:

« 富士通にパクリ疑惑?給食大将 | トップページ | 餌(虫)捕りの予定が・・・海岸清掃 »