« 夏の想いでも造れる!しんぐう海岸砂像コンテスト参加者募集中 | トップページ | 小さい方が食べ盛りで食欲旺盛 »

2015年6月 9日 (火)

労災かくしは犯罪です!

◆MBニュース

労災療養中でも解雇可能=専修大元職員めぐり初判断―最高裁

 労災で療養中に解雇されたのは不当だとして専修大の元職員の男性(40)が解雇無効を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は8日、「労災保険給付を受けている場合でも、補償金を支払えば解雇できる」との初判断を示した。
 その上で、解雇に合理的な理由があるか検討が不十分だとして、一審同様に男性勝訴とした二審東京高裁判決を破棄し、審理を差し戻した。雇用側の解雇対象が広がる判断で、男性の弁護団は「安心して治療に専念する権利を奪う不当な判決だ」と批判した。
 労働基準法は、業務によるけがや病気で休業する期間は解雇を原則禁止。ただ、雇用側が療養費を負担し、療養開始後3年たっても治らない場合は、平均賃金の1200日分の「打ち切り補償」を支払えば解雇できると規定している。
 男性は2003年、腕に痛みなどが出る「頸肩腕(けいけんわん)症候群」と診断され、07年に労災認定と労災保険の支給決定を受けた。男性は11年、リハビリをしながらの職場復帰を求めたが、専修大は認めず、打ち切り補償金約1629万円を支払って解雇した。
 第2小法廷は「労災保険給付は、雇用側が負担する療養費に代わるものだ。打ち切り補償後も、けがや病気が治るまでは給付が受けられることも勘案すれば、労働者の利益が保護されないとは言い難い」と指摘した。 
 

時事通信 6月8日(月)18時55分配信

 この短い記事の内容だけからの判断ですと、事業者側は労働基準法や労働災害補償保険法に定められているとおりの対応(解雇可能が初のようなタイトルにだまされた?)なのでなぜ最高裁まで争われるのかの方が不明ですが、労災(治療に専念)うんぬんよりも差し戻しの理由の「解雇に合理的な理由があるか」=復帰させない(しない)合理的理由が争点のよう。

 スムーズに(争いを少なく)解雇が出来るよう就業規則などで解雇の条件を細かく規定することが求められそうです。

●ポスター

Rh08
事業主は、労働者が労働災害にあって休業・死亡した場合、所轄の労働基準監督署に「労働者死傷病報告書」を提出しなければなりません。
労働災害に健康保険は使えない、使わない。
労働災害の受診は労災保険で!

Img_0304
みんなの安心、労働保険。
働くよろこび、労働保険。
労働保険(労災保険・雇用保険)の年度更新
平成27年度
6月1日(月)~7月10日(金)
○年度更新申告書は5月末頃に送付する予定です。
○口座振替による納付が便利です
○電子申請を是非ご利用ください。

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Active04

|

« 夏の想いでも造れる!しんぐう海岸砂像コンテスト参加者募集中 | トップページ | 小さい方が食べ盛りで食欲旺盛 »

労働問題・ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171728/60309436

この記事へのトラックバック一覧です: 労災かくしは犯罪です!:

« 夏の想いでも造れる!しんぐう海岸砂像コンテスト参加者募集中 | トップページ | 小さい方が食べ盛りで食欲旺盛 »