« 酒屋と思ったらプラモが・・・香春町の鈴木商店 | トップページ | ふくおか生きもの見つけ隊2014年度結果報告書 »

2015年3月24日 (火)

忍者養成?分身の術指南

◆MBニュース

留学生「分身」させ2人分の仕事 店長ら不法就労助長容疑、福岡県警

 福岡県警は23日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、福岡市西区の焼き鳥店経営の男性社長(47)と、男性店長(41)を書類送検した。県警によると、同社は有能な中国人アルバイトに「分身しないか」と持ち掛け、他人名義の履歴書を提出させる手口で、同法が規定する労働時間の2人分に近い仕事をさせていたという。

 書類送検容疑は昨年3月~今年2月、福岡市博多区の焼き鳥店で、中国人留学生ら2人を、法が認める週28時間の労働時間を超え、週平均約45時間働かせるなどした疑い。法は就学目的で入国した留学生の長時間労働を規制している。

 県警によると、勤務態度が良い留学生に店長が「分身」を提案。焼き鳥店2店舗の外国人アルバイト約30人のうち、4人が「分身」していた。発覚を免れるため、給与明細は本人名義と他人名義に分けて発行しており、社長は「分身の発案者は私。留学生は収入増、店は良い労働力を得られ、双方にメリットがあった」などと容疑を認めているという。

西日本新聞 03月24日(火) 00時12分配信

 容疑を認めているとなれば、起訴されれば有罪で前科が付きますので(法を知っていたので逃れようとして手をつくしているのでさらに悪質)メリット以上かもしれないデメリットには考慮が足りなかったようです。

 店名は出ていませんが地元の方などはだいたいわかるでしょうから(地元でのうわさは早い!)お店(経営者)の信用にも影響確実。

 ちなみに、外国人(特別永住者及び「外交」・「公用」の者を除く)の雇い入れ(アルバイト/雇用保険への加入の有無を問わず)に際しては 、全ての事業主のに、当該外国人労働者の氏名、在留資格、在留期間等を管轄のハローワークへ届け出ることが義務付けられていますのでお忘れなく(無届で使用している場合は罰則も)

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Ac019

|

« 酒屋と思ったらプラモが・・・香春町の鈴木商店 | トップページ | ふくおか生きもの見つけ隊2014年度結果報告書 »

労働問題・ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171728/59387943

この記事へのトラックバック一覧です: 忍者養成?分身の術指南:

« 酒屋と思ったらプラモが・・・香春町の鈴木商店 | トップページ | ふくおか生きもの見つけ隊2014年度結果報告書 »