« 福岡は日本有数の酒処 県内70の蔵元 | トップページ | 2月7日北方領土の日 CMで浸透? »

2015年2月 5日 (木)

飯塚で菓子処ならではの雛まつり2/7~3/30

◆MBニュース

「雛のまつり」7日開幕 ひな人形1万体展示、飯塚市18会場

 飯塚の春の風物詩「第15回いいづか雛(ひいな)のまつり」が7日、飯塚市幸袋の旧伊藤伝右衛門邸など11会場で開幕する。その後も別の会場で順次開幕し、市内18会場で計1万体のひな人形を展示する。入場料が必要な会場もある。開催期間は会場によって異なり、最も長い会場は3月30日まで。

 旧伊藤邸には約800体が並ぶ。20畳の大広間では「京の花見」をテーマに飾った江戸時代から昭和までの約500体を楽しめる。別室では江戸から明治までの名工による作品35点を見ることができる。

 飯塚市飯塚の嘉穂劇場は「百花繚乱(りょうらん)~折り紙の世界」と銘打って開催。市内の折り紙講師後藤直暁さん(39)が、劇場で歌や演劇などを披露した有名人10人の顔を折った変わりびな10点を初展示する。映画「男はつらいよ」ロケで訪れた俳優の渥美清さん、コンサートをした美空ひばりさん、椎名林檎さん、八代亜紀さん、落語家の桂文枝さんなどで、縦横60センチの白い和紙で顔を、千代紙で着物を折った。サインや映画の台本、落書きなど劇場所有のゆかりの品も添える。後藤さんは「有名人の顔なので、上手に折らないと、と重圧があった」と明かす。

 飯塚市柏の森の市歴史資料館は「西と東の雛(ひな)文化展」を開催。鏡台や火鉢などの武家道具がある黒漆塗りの江戸のひな道具と、庶民の台所道具がある白木製の京都や大坂のひな道具を対比して並べる。歌人柳原白蓮が着ていた着物5点、帯4点もある。

 飯塚市立岩の麻生大浦荘では21日~3月3日、筑前まり100個をつるし、人形400体を飾る。

 飯塚市内野の内野宿展示館では20日~3月29日に流しびなや内野の風景の写真展。3月29日は紙の人形を川に流す流しびなを催す。

 飯塚観光協会=0948(22)3511

西日本新聞 2月5日(木)0時11分配信

 飯塚といえば銘菓「千鳥饅頭」「すくのかめ」「ひよ子」発祥の地。

 お菓子店を巡りながらお雛様鑑賞ができるようです。

Img_3056
◎千鳥屋本家 2/7~3/30(9:00~18:00)

◎さかえ屋(本店、他6店) 2/7~3/30(9:00~21:00)

◎ひよ子本舗吉野堂(飯塚店) 2/14~3/8(9:00~18:00)

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Ac012

|

« 福岡は日本有数の酒処 県内70の蔵元 | トップページ | 2月7日北方領土の日 CMで浸透? »

イベント(もろもろ)見学・案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171728/58819858

この記事へのトラックバック一覧です: 飯塚で菓子処ならではの雛まつり2/7~3/30:

« 福岡は日本有数の酒処 県内70の蔵元 | トップページ | 2月7日北方領土の日 CMで浸透? »