« 明日(8/24) 第1回しんぐう砂の芸術祭(妖怪ウォッチ宝さがし) | トップページ | 第1回しんぐう砂の芸術祭見学 »

2014年8月24日 (日)

第1回しんぐう砂の芸術祭 砂像コンテストに参加

 本日(8/24)、新宮海岸で開催された「第1回しんぐう砂芸術祭」の砂像制作コンテストに家族(3名)のチームで参加しました。

 1チーム2名以上(10名以下)で事前に申し込みが必要とのことで、ちょっと(ではなく大幅に)申し込みが遅かったようでしたが、問い合わせると(枠がまだあったようで)OKとのことでしたので急遽参加資料などを商工会にもらいに伺い、砂像の制作は初めてですので(資料を見て)必要そうな道具(移植ごてやデザインナイフなど)を100均に買いに走りました。

 基本、家にあるものを使おうと、土を固めるのにフライパンや小さなこぶを盛るのにお椀なども持って行きました。 

Img_8346 8:00頃会場(海岸)に入り、受付、その後簡単な説明・諸注意を受けて8:30制作スタート。(制作制限時間は4時間の12:30まで)

 エントリー団体が36チームだったようで(実参加は20数チーム)、4m四方に区分けされた作成スペース(各チーム名の札が立っている)にそれぞれ砂が盛られていましたが、どのチームも事前に配置された量では全く足りないようなので周りから砂を掘って盛るところから作業が始まっていました。(基本2m四方以内の像を作成)Img_8344

 我が家(チーム)は初制作で砂像作りのだんどりなど実際行ったことがありませんでしたので、周りの本格的なチームのやり方を見ながら、砂を盛っては海からバケツで海水を運んで来てぶっかけて(踏んだり、たたいたりして)固める作業を2時間ほど続けて何とか、事前にイメージしていた像の量砂を盛ることが出来ました。(他のチームは結構多人数での作業も多い中、3人でやっているのですでに相当な疲れ)

※(反省点)スコップと水を大量に運べる入れ物(大き目のバケツ等)が必要だったよう。

Img_8353

Img_8416 ここから整形して像の形に削り出す作業ですが、予想以上に時間が過ぎるのが早く(時間との闘いのようで、)私がイメージ図(モデルは我が家のペットのヒキガエル/ゲコとチビ)を基に、全体のおおまかな形成、妻・息子が各部の細かい部分作業と作業分担をして進めていきました。

 作業終了時刻12:30に何とか完成。

Img_8359

 参加者(チーム)全員で完成記念写真撮影。

Img_8357

 すぐに(コンテストなので)審査が始まりました。

 他のチームの完成作品(全般)を見て、どこも砂像を作り慣れているのではないかと思われたのが、水分供給が多めなのでしょう、全体に黒っぽい感じ(我が家はすでに表面が乾き始めて白っぽくなっている)で、コテで締まった砂を滑らかに削り取っている(?)ようで(突起部分以外は)表面がつるつるしているきれいでした。(我が家はモデルがヒキガエルで元々表面が凹凸だらけなので・・・言い訳)

 客観的に見ると、 どうも(細やかさも求められる)砂像(=イメージ彫刻)というよりも・・・子どもが作った粘土細工の巨大版のような・・・

Img_8387

 (砂像作りのプロの)審査員の方がどのような評価なのか気になるところですが、一般の見物の方の反応を見ていると、アニメのキャラなどの像には小さなお子さんがいっしょに記念写真を撮られていましたが、「かえるだー」との声は何回か聞きましたが、立ち止まって見ている方はほどんどいませんでした。

 タイムテーブル最後の大抽選会前に(プログラムと順番が入れ替わっているよう)審査結果の発表。

 6組に入選(副賞に地域商品券)の表彰とのことでしたが、2組目にチーム名(フロッグス)が呼ばれ(びっくり!)入賞「杉建賞」を頂くこと出来ました。

Img_8399Img_8404  初開催のイベントなので、全くの素人グループ(小人数)でも一生懸命(試行錯誤しながらでも)作れば入選が出来る前例作り(他に上手に作ってある像がたくさんあったのでファミリー努力賞もしくはオリジナル賞的なもの)だったのかも・・・ 

 フライパンで砂を掘って、運んで、水かけて、たたいて・・・ うちらくらいwww(知らないというのも楽しかったです ハハハ)

 それでも(ペットのカエルも含めて)家族で力を合わせての入賞だったと思いました。

 (モデルになってもらった)ゲコ、チビにも感謝。

Img_8292

 このような家族でも楽しめる企画、また参加出来たらと思います。

 ※コンテストのほかお祭り全体の様子は(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/1-bce7.html)をご覧ください。

(追記)

 翌々日のRKBテレビの夕方の情報番組「めんたいワイド」で、今回のコンテスト1位となったチームの様子を追ったコーナーが放送されましたが、ちらっと妻がフライパンで砂山をぶったたいていた・・・もとい・・・固めていた様子も映っていました。

Img_8422Img_8424 放送(優勝のチームの様子)をみて、仮に来年優勝を目指して参加しようとする場合は、それなりの準備と人員が必要そうなことが今回経験からもわかりました。

Img_3438 第2回目に初参加で入賞(優勝)を目指そうとお考えの(特に初制作の)方は、10月に志賀島の金印まつり、11月には本家復活!芦屋町で本格的な砂像が見れるようなので参考になりそうです。(左写真は2012年の志賀島の砂像)

Img_9425(2014年10月19日/志賀島金印まつりチラシ/クリックで拡大)

(追記)

 第2回(2015年)は8月23日(日)に開催されます。

 砂像制作コンテストは先着50組で募集が行われますので詳しくは新宮町観光ホームページ(http://shingu-navi.jp/)でご確認ください。

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Active04
 

 

 

 

|

« 明日(8/24) 第1回しんぐう砂の芸術祭(妖怪ウォッチ宝さがし) | トップページ | 第1回しんぐう砂の芸術祭見学 »

イベント(学習・体験)参加」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171728/57173814

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回しんぐう砂の芸術祭 砂像コンテストに参加:

« 明日(8/24) 第1回しんぐう砂の芸術祭(妖怪ウォッチ宝さがし) | トップページ | 第1回しんぐう砂の芸術祭見学 »