« 早く名前ださんかい!(怒りのゲコ) | トップページ | ハントの嘔吐二日酔い?(STOP飲酒運転!) »

2014年2月14日 (金)

ボーリング教室(3回目)

 本日の授業(前半講義)では、ストライクを狙うヘッドピンへのアプローチ方法について学びまっした。

1234563 ポケットと呼ばれるストライクが出やすい1番ピンのねらい目が思っているより中心に近いことがわかりました。

 とにもかくにも1番ピンに当たらないことには話になりませんので次に左右どちらかにボールがずれている時の修正方法の解説がありました。

Img_4508
 投球の目印とするスパットは変えずに立ち位置をずれている方向と逆方向に微調整しながらレーンのコンディションの影響を変えないようにして球筋を変えlる技を習得しないといけないようです。(頭ではわかりますが、体はついていきません)

 後半2ゲーム投げました。今回は力を入れて投げると1、2回目より点数が落ちましたので、やはり基本通りボールの重さだけ(振り子の原理)で投げたほうが良いようです。

(追記)

 第4回目の様子はI(http://active-teshima.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/4-6122.html)をご覧ください。

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

Ss105

|

« 早く名前ださんかい!(怒りのゲコ) | トップページ | ハントの嘔吐二日酔い?(STOP飲酒運転!) »

施設見学・体験学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171728/55014258

この記事へのトラックバック一覧です: ボーリング教室(3回目):

« 早く名前ださんかい!(怒りのゲコ) | トップページ | ハントの嘔吐二日酔い?(STOP飲酒運転!) »