« 来年のどんたくが楽しみ | トップページ | 夏休み8/24どようシアター(観賞無料)シュガー・ラッシュ »

2013年8月 7日 (水)

海自空母?

◆MBニュース

「ヘリ空母型」海自最大の護衛艦「いずも」進水

 海上自衛隊としては最大の新型護衛艦の命名・進水式が6日、横浜市磯子区の「ジャパン マリンユナイテッド磯子工場」で行われた。

 同時に5機のヘリコプターが離着陸できる広い甲板を持つ「ヘリ空母型」の護衛艦で、「いずも」と名付けられた。

 海自によると、「いずも」は全長約250メートル、最大幅約38メートル、排水量約1万9500トン。手術室や35人分の病床を備え、乗員(約500人)とは別に、最大450人の宿泊が可能な居住スペースも作った。有事の際には、対潜ヘリを運用し、潜水艦などの攻撃から艦船を護衛するほか、大規模災害や国際緊急援助活動では、「海上基地」として被災者の救助や物資の輸送も行う。

 海自が、艦首から艦尾までが平らにつながった「全通甲板」を持つ護衛艦を保有するのは、「ひゅうが」「いせ」に続いて3隻目。建造費は約1200億円。名前の由来は島根県地方の古い呼び名という。今後、対空機関砲やレーダーなどを装備し、来年度末に完成する。

読売新聞 8月6日(火)19時15分配信

P7190060 甲板がフラットな自衛艦(下写真:輸送艦おおすみ/全長約180メートル)を以前見たことがありましたが、新護衛艦はさらに巨大(約1.5倍の全長)のようでますます”空母”のようです。

Img_0012
 尖閣防衛や竹島奪還の活躍にも期待します。

(追記)

 2016年4月21日~22日に「いずも」が博多港に入港しました。

 ※箱崎埠頭に停泊する護衛艦「いずも」

06
Img_5654
07

※夕方博多港から出向する護衛艦「いずも」

08
10
09

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 来年のどんたくが楽しみ | トップページ | 夏休み8/24どようシアター(観賞無料)シュガー・ラッシュ »

博多湾・博多港・船」カテゴリの記事

コメント

突然来てスミマセン、
写真見て感激して思わずコメント(^_^;)
大和なみの大きさ、早く見てみたいです!!

投稿: 社保華子 | 2013年8月 7日 (水) 14時07分

はじめまして。
私も実物を見たいので博多港への寄港を期待しています。

投稿: 管理人 | 2013年8月 9日 (金) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171728/52773718

この記事へのトラックバック一覧です: 海自空母?:

« 来年のどんたくが楽しみ | トップページ | 夏休み8/24どようシアター(観賞無料)シュガー・ラッシュ »