« 単純なミスに注意! | トップページ | あまちゃん(能年さん)人気 ポスター検索からも実証 »

2013年5月 7日 (火)

裁判員に従業員が選出されたら・・・

◆MBニュース

遺体写真で急性ストレス障害…元裁判員が国提訴

 裁判員を務めた福島県郡山市の60歳代の女性が「急性ストレス障害(ASD)」と診断された問題で、女性が7日午前、国を相手に慰謝料など200万円を求める国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こした。

 福島地裁郡山支部で今年3月、強盗殺人罪などに問われた被告に死刑判決を言い渡した裁判員裁判で、遺体のカラー写真などを見たことが原因と主張している。

 訴状などによると、女性は同県会津美里町で2012年7月に夫婦が殺害された事件の裁判員裁判で裁判員を務めた。今年3月4日の初公判で検察側が示した証拠の中で、現場に遺体が横たわる写真や、被害者が消防署に救助を求める録音テープがあった。女性は不眠に悩まされたり、食事をしても嘔吐を繰り返したりするようになった。

 女性は「裁判員制度への参加を強要することは憲法違反だ」と主張。女性の代理人弁護士は「精神障害と診断された人がいる以上、制度そのものの見直しが必要」と話している。

読売新聞 5月7日(火)13時5分配信

 2009年の制度導入直後は毎日のように裁判員裁判のニュースが流れていましたが・・・・

Ss061 Ss071 Sbis

 開始直前に本番さながらの(3日間の)模擬裁判に裁判員役で参加しましたが、模擬でも精神的・肉体的に負担ががありましたので、いわんやをや、記事のような状況になっている裁判員経験者はほかにもたくさんいらっしゃるのでは?

 従業員が裁判員に選出されて仕事を休んだ場合の取り扱いは、所定の出勤日に出勤したとする年次有給休暇に準じた扱い(給料を減らさない)を推奨しています。

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

 

|

« 単純なミスに注意! | トップページ | あまちゃん(能年さん)人気 ポスター検索からも実証 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171728/51531937

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員に従業員が選出されたら・・・:

« 単純なミスに注意! | トップページ | あまちゃん(能年さん)人気 ポスター検索からも実証 »