« 2013SH 摂津&大隣の先発2本柱!? | トップページ | こどもっとだいがく卒業(最後の授業) »

2013年3月29日 (金)

受験戦争にはまず体力作りから?

◆MBニュース

子どもの学力向上に役立つ朝食は?

 よくカラダを動かし、よく食べ、よく眠る。成長期の子どもには規則正しい生活がとても大切だ。文部科学省が行った「平成20年度全国学力・学習状況調査」では、朝食をしっかりとっている子どもほど学業成績が良い傾向にあり、朝食を必ずとる子どもはほとんどとらない子どもよりも、どの科目でも約2割も成績がよいという結果が出た。卒業・進学などで新生活を迎えるこの時期、成長期の子どもを持つ親は、子どもの食生活をどう管理すべきか、気になるのではないだろうか。

 幼稚園児、保育園児、小学生の子どもを持つ母親313人を対象にタイムカレントが行った調査によると、子どもが毎日必ず朝食をとっていると回答した人は93.9%。また、子どもの学力向上を目的に栄養を考慮していると答えた母親は34.5%いた。

 子どもの朝食摂取と学力の関係性について、知っていると答えた人は37.1%。あまりよく知らない、知らないと答えた人は合わせて62.9%いた。

 「学力向上に良い朝食メニュー」をフリーアンサーでたずねると、1位から順に「牛乳」(38.3%)、「納豆」(33.9%)、「ごはん」(30.4%)となった。

 朝食と学力の関係について、女子栄養大学副学長 栄養科学研究所長の香川靖雄教授は「朝から集中して学習できる子を育てるためには、しっかりと朝食を食べ、脳にエネルギー源であるブドウ糖を送ることが重要。脳はブドウ糖しかエネルギー源にできないが、肝臓がグリコーゲンとして蓄えているブドウ糖は半日で消費されるため、朝の脳にはブドウ糖が不足した状態である。朝、脳のブドウ糖不足を補うには、ブドウ糖を効率的に摂取できる麦芽エキスがよい」とコメントしている。

 香川教授によれば、麦芽エキスは、精製された砂糖よりもブドウ糖の供給源として効率が良いという。また、麦芽エキスが主成分で手軽に摂取できる商品としては、「ミロ」(ネスレ)、「豆乳飲料 麦芽コーヒー」(紀文)、「豆乳飲料 麦芽コーヒー カロリー50%オフ」などを挙げている。

Business Media 誠 3月29日(金)20時34分配信

 先月、めざましごはんキャンペーンの最新啓発ポスターを頂きましたが、(広報)予算が削減されたとのことで、従来のタレントさんをつかったオリジナル(撮り下ろし)の写真ではなく、澤さんの試合中の写真(?)の使い回しのようです。

13mezamashi  うちは(用意が簡単なので)基本朝食はパンですが(100%朝食は食べます!)、来月から中学生となる息子の(高校受験に向けての)学力向上を考えると”ごはん”の方がよろしいようなので少しづつ朝食でのごはんの回数を増やしていこうと思います。

(追記)

以前はタレントさんがごはんを持って写ってました。

09mg1 09mg Mg

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 2013SH 摂津&大隣の先発2本柱!? | トップページ | こどもっとだいがく卒業(最後の授業) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171728/51015933

この記事へのトラックバック一覧です: 受験戦争にはまず体力作りから?:

« 2013SH 摂津&大隣の先発2本柱!? | トップページ | こどもっとだいがく卒業(最後の授業) »