« 外国人旅行者のお土産にポスターが人気 | トップページ | 10月 にしてつ、地下鉄、新幹線 車輛基地まつり3連発 »

2012年10月 5日 (金)

福岡市役所1階ロビーの障がい者アート展見学

◆MBニュース

ユニバーサル都市・福岡フェス:催し多彩に 市内各所、29日から来月14日まで /福岡

 福岡市が進める性別や国籍、障害の有無に関係なく暮らしやすい「ユニバーサル都市」を目指す取り組みへの理解を求めるイベント「ユニバーサル都市・福岡フェスティバル」(実行委員会主催)が29日~10月14日、市内各所で開かれる。期間中は講演会や実践発表会、ワークショップ、スポーツ大会など多彩な催しを実施。10月12~14日には専門家による国際会議もある。

 オープニングイベントとして29日午後1時、市役所15階講堂でバリアフリープロデューサー、野口浩一さんの講演「ユニバーサル・デザインの取り組み~東京ディズニーリゾートから」や有識者によるパネルディスカッションなどがある。他に▽29日午前8時半、市立福岡女子高(西区)で市内の小中高12校による実践発表会▽29日~10月14日、市役所1階ロビーで障害のあるアーティストによる作品展示やパフォーマンス--などもある。
 国際会議は10月12~14日、博多区の福岡国際会議場と福岡国際センターで開催。「ユニバーサル都市」に必要な施設や製品などの設計を手がける専門家らによるシンポジウムや、企業などによる先進的な取り組みを紹介する展示会などがある。
 実行委事務局は市企画調整部(092・711・4864)。

 福岡市では今秋、大規模な国際会議やスポーツ大会が相次いで開かれ、1万2000人を上回る外国人が訪れる予定。市は各会場で通訳を補助する語学支援ボランティア74人や街中で困っている外国人らを英語で手助けする「フレンドリー福岡サポーター」約300人を確保して対応する。サポーターはバッジと名札をつけて目印とする。他に英語ができなくても笑顔でおもてなしをする市民に「シチズンサポーター」としてバッジ約1万個を配布する。

毎日新聞 9月27日(木)13時1分配信

120929plus 先日天神の福岡市役所に行った際、1階フロアに色鮮やかな絵画が展示してありました。

 「ユニバーサル都市・福岡フェスティバル」関連の催しのようで、作品のテーマが「natural(自然)」ということです。

Img_1817
 どれも明るくてポップな画風だったので最初はその系の有名アーチストの作品展かと思いましたが、福岡市の障害のある方々の作品と知って驚きました。

Img_1857
 10月14日までの展示のようです。(土・日・祝も開いてます)

(追記)

10月6日(土)14:00~17:00

アーティスト倶楽部によるライブペインティングが行われます(見学無料)

(追記)

 10月12日(金)~14日(日)に福岡国際センターで展示会や特別企画展(見学自由・無料)が行われるようです。

12100501
 13日(土)、14日(日)には福岡国際センター裏のベイサイドイベントバースでは海上自衛隊の護衛艦の船内見学、陸上自衛隊の災害対応車両、機材の展示、消防艇(放水実演)、消防はしご車試乗、消防ヘリの展示などお子様連れでも楽しめるようです。

(上チラシ写真クリックで拡大)

Suppliered Link
 労務管理はプロにお任せ active-teshima.na.coocan.jp

適切な勤務時間・賃金計算は労務管理の基本です!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

クリックで詳細内容へ

|

« 外国人旅行者のお土産にポスターが人気 | トップページ | 10月 にしてつ、地下鉄、新幹線 車輛基地まつり3連発 »

芸術観賞・絵画・美術展情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市役所1階ロビーの障がい者アート展見学:

« 外国人旅行者のお土産にポスターが人気 | トップページ | 10月 にしてつ、地下鉄、新幹線 車輛基地まつり3連発 »