« 新聞にも小学生向け竹島問題ニュース | トップページ | ルーマニアの事件を思い出しました »

2012年9月24日 (月)

中国人が減ったから?西洋人の観光客が目立ってきました

◆MBニュース

「反日」拡大 中国客船、寄港取りやめ相次ぐ 福岡市の誘致策空回り

 沖縄・尖閣諸島の国有化に端を発した中国の反日運動拡大により、9~10月に福岡・博多港に寄港予定だった中国発着のクルーズ客船3便が、寄港を取りやめたことが分かった。博多港の岸壁整備や地下鉄券売機の中国語対応など合計約1億4千万円をかけた福岡市の中国人観光客誘致策は、空回りの状況に陥っている。

 中国人観光客1人あたりの買い物消費額を4万4千円とはじく福岡市は、誘致策を積極的に推進してきた。9月からは約4200万円をかけて福岡市営地下鉄の全35駅で、券売機を中国語と韓国語に対応させる改修工事を進めており、23日にも終了する。

 クルーズ客船の受け入れ拡大を目指し、14万トン級の船が着岸できるよう約1億円の岸壁整備費も、21日に市議会で可決された。


 ところが同日朝、クルーズ船3隻のキャンセルの連絡が、福岡市に入った。

 市によると博多寄港をキャンセルしたのは、米国のクルーズ会社が所有する「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」1便と「レジェンド・オブ・ザ・シーズ」2便。いずれも、中国の旅行会社が船を借り上げて運航するもので、中国を出港し、釜山や済州島などとともに博多港を経由して中国に戻る航路だった。

 この3便で計約7500人が福岡に来る予定で、買い物消費額だけで3億3千万円に上る計算だったが、キャンセルでゼロに。市が受け取るはずだった入港料と岸壁使用料計約190万円も支払われない。また、福岡側で7500人の移動・案内を手配するはずだった旅行会社もあり、市港湾局では「影響は計り知れない」という。

 さらに、10月以降もキャンセルの動きがあり、市は情報収集を進めている。

 22日朝、反日デモが相次いで以降初めてとなる中国・上海からクルーズ船「コスタ・ビクトリア」が博多に入港した。一部の観光客が「釣魚島(尖閣諸島の中国名)はわれわれ中国のものだ」と書いた横断幕を掲げての入港だった。

 福岡市の富永周行市議は「市議会でも『日中間のいざこざを考慮にいれるべきだ』と慎重さを求める声もあった。ビジネスとして観光客誘致のメリットは分かるが、1億4千万円もの大金をかけるのであれば、もっと市民サービス向上などに役立てるべきではなかったか」と、市の姿勢に疑問を投げかけた。

産経新聞 9月23日(日)7時55分配信

Img_1337 先週末、天神の福岡市役所に行った際、1階フロアが福岡市・県および九州の観光案内所となっていますので多くの方が情報収集(?)に訪れているのを見かけましたが、結構白人の方が目立っていました。Img_1336
Img_1320 福岡市内中心部を自転車で移動しましたが、以前は中国人(および韓国人)買い物客ばかりのイメージでしたが、今日は西洋人(白人)観光客を多く見かけましたので中国人・韓国人観光客が減ったので相対的に多くいるように思えたのでしょう。(左写真建物:シネコン全盛今、昔からのたたずまいを残す映画館・中洲大洋劇場)

 福岡市は毎年9~11月はアジアマンスとしてアジアの国々の文化を紹介するイベントが目白押しです。(下写真建物:福岡アジア美術館がある博多リバレイン)Img_1319_2

Img_1353 博多港(ベイサイド)にもちょっと寄ってみましたが、韓国との定期就航の高速船「コビー」も何か(お客が少ないのか)さびしげに出航していました。

 (神奈川県の海洋実習船が停泊していました)

福岡市の最新情報は・・・ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ もご参考にされて下さい

Suppliered Link

 福岡のイベント情報  http://homepage3.nifty.com/f1koubou/

 お子さんをどこに連れて行こうかと迷われていませんか?
 福岡を”遊ぶ&学ぶ”お父さん、お母さんを応援しています 

|

« 新聞にも小学生向け竹島問題ニュース | トップページ | ルーマニアの事件を思い出しました »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国人が減ったから?西洋人の観光客が目立ってきました:

« 新聞にも小学生向け竹島問題ニュース | トップページ | ルーマニアの事件を思い出しました »