« 8月は北方領土返還運動全国強調月間 | トップページ | 今晩の体操女子個人決勝 エレガントな田中選手に注目 »

2012年8月 2日 (木)

今回は注目がバドミントンから卓球へ?

◆MBニュース

潮田、最後の五輪完全燃焼「悔いはない」…バドミントン

 ロンドン五輪バドミントン(7月31日・ウェンブリー・アリーナ) 各種目の1次リーグ(L)を行い、混合ダブルスB組の池田信太郎(31)、潮田玲子(28)組=日本ユニシス=はフィッシャー、ペデルセン組(デンマーク)にストレートで敗れ、通算1勝2敗で各組2位までの8強入りを逃した。女子ダブルスで第4シードの藤井瑞希(23)、垣岩令佳(23)組=ルネサス=は8強入りし、前回北京4位の末綱聡子(31)、前田美順(26)組=ルネサス=は1次Lで敗退した。

 「イケシオ」の五輪が終わった。9月での引退を表明し、競技人生の集大成として迎えた2度目の五輪で完全燃焼。潮田は「4年前より気持ちはすっきりしている。やってきたことに悔いはない」と笑顔でロンドンのコートを去った。

 1次L最終戦はメダル候補のデンマークペアに挑んだ。イケシオは昨年のスーパーシリーズ・ファイナルで4強入りするなど着実に力をつけてきたが、最後は一方的な展開で押し切られた。それでも潮田は「極限の緊張感は普通に生きていては感じられないと思った」と充実感を漂わせた。

 小椋久美子さん(29)との女子ダブルス「オグシオ」で前回北京五輪は5位。その後、潮田はテレビ局の仕事を打診され、引退も頭をよぎった。それでもオグシオとして最後に挑んだ08年秋の全日本総合選手権で優勝し、「まだインタビューする側には回りたくない。される側でいたい」と現役を続ける覚悟を決めた。


 09年春に、高校の先輩でもある池田と混合挑戦を決意。ダブルスで世界選手権銅メダルを獲得した2人のコンビ結成は話題を呼んだが、男子が女子をカバーする独特の動きをつかむのに時間がかかった。それでも海外を回って地道にランキングを上げ、五輪の舞台にたどり着いた。

 潮田は9月18日に開幕するヨネックスオープン・ジャパンでラケットを置く。母の睦子さん(54)は「仕事をしたいというけど、女性としての幸せを本人が望むなら、それでもいいと思います。昔から早く子供が欲しいと言っていた」と話す。

 五輪前にサッカーの柏DF増嶋竜也(27)との交際が明らかになり、7月28日のブログで「大切な君へ」と題したメッセージをつづった。周囲も交際を温かく見守っており、遠くない未来にゴールインする可能性もありそうだ。最後は日本のファンの前で最高のプレーを見せ、バドミントン人生を締めくくる。

 ◆潮田 玲子(しおた・れいこ)1983年9月30日、福岡・苅田町生まれ。28歳。九州国際大付高で2000年全日本ジュニア選手権シングルス優勝。02年に日本リーグの三洋電機に入社。小椋久美子とのダブルス「オグシオ」で04~08年全日本総合選手権5連覇。08年北京五輪はダブルス5位入賞。09年から池田信太郎とペアを組み、今年6月のシンガポール・オープン準優勝。166センチ、57キロ。

スポーツ報知8月2日(木)8時4分配信

Kt08 前回の北京オリンピックの時と比べるとバトミントン競技の報道が少なめなのがさみしいですが、新たなヒーロー、ヒロインが登場することを期待しています。

 潮田選手お疲れ様でした。

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

懐かしポスターはWEB啓発ポスター資料館で

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則(作成費5万円~)の整備で労使間のトラブル回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談・お見積り無料

 

|

« 8月は北方領土返還運動全国強調月間 | トップページ | 今晩の体操女子個人決勝 エレガントな田中選手に注目 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今回は注目がバドミントンから卓球へ?:

« 8月は北方領土返還運動全国強調月間 | トップページ | 今晩の体操女子個人決勝 エレガントな田中選手に注目 »