« やっと梅雨らしい天気となりました | トップページ | 従軍(追軍)慰安婦問題の構図判明 »

2012年6月21日 (木)

後藤寺商店街の炭鉱写真展

◆MBニュース

街並み美術館:炭鉱の思い出触れて ボタ山で遊ぶ子供など、橋本さん写真展--田川 /福岡

 田川市後藤寺地区の田川ごとうじ銀天街で20日、赤村赤のアマチュア写真家、橋本正勝さん(85)が昭和30年代に撮影した作品を集めた「筑豊田川思い出写真展」が始まった。アーケード内の加盟店舗に芸術作品を飾る「街並み美術館」の第4弾で、7月19日まで。
 展示しているのは、炭鉱住宅(炭住)で縄跳びで遊ぶ女児や、紙芝居を大勢で見たりボタ山で遊んだりする子供たちのモノクロ写真など32点。いずれも半切大で、銀天街(長さ約300メートル)の加盟42店のうち30店の玄関などに飾り、ゆっくり歩きながら鑑賞できるようにしている。
 橋本さんは写真館に勤めた後、1946年に旧三井山野鉱業所(嘉麻市)に入社。47年から閉山の64年まで田川鉱業所で働き、竪坑の保守点検などに当たる一方、炭鉱関連施設や周辺で暮らす人々を撮り続けた。
 実行責任者の松岡英樹さん(44)は「炭鉱を知らない子供たちが、昔のことに詳しい年配の人たちと語り合う好機になれば」と話している。

毎日新聞 6月21日(木)14時57分配信

 ~高校くらいまでアーケード内のおもちゃ屋や模型店にちょくちょく出かけていましたが最近は行かないのでどのようになっているか気にはなっていましたが・・・

(追記)

 6月23日(土)に帰省のおり田川病院に用事で行きましたのでアーケードにも寄ってみました。

P6230004
 かき氷を買って食べながら写真を見学していきましたが・・・商店街自体は想像以上にさみしい(土曜日にしてはお客さんの通りの少ない)状態のようでした。

P6230003※アーケードの中ほどに宝くじを売っているいる店がありましたので運試しにロト6(キャリーオーバー中)を買いました。(このお店の店頭にも炭鉱写真)

P6230001
 がんばれニッポン!頑張れ全国の商店街!

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

 

 

|

« やっと梅雨らしい天気となりました | トップページ | 従軍(追軍)慰安婦問題の構図判明 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後藤寺商店街の炭鉱写真展:

« やっと梅雨らしい天気となりました | トップページ | 従軍(追軍)慰安婦問題の構図判明 »