« 売国を目に見える形で実践の現政権 | トップページ | 第1回和白干潟クリーン作戦と自然観察に参加 »

2012年5月23日 (水)

福岡市の人口が一転 減少へ!?

◆MBニュース

福岡市の人口急増、8年後に神戸市抜くか

 福岡市は22日、市の人口が2028年に160万人を超え、35年にピークの160万6000人に達するとの将来人口推計を発表した。

 02年に作成した推計では、25年の147万人がピークと予測していた。市企画課は予想以上の増加について「(機能が集中する)コンパクトシティーとしての魅力が居住地として評価されている」と分析している。

 将来人口推計は約10年ごとに発表。今回は10年の国勢調査の結果を基に作成した。

 同課によると、博多区、中央区への転入が多く、今後もこの傾向が続くとみられることが主な要因。35年までの生産年齢人口(15~64歳)の減少幅が、全国平均(20%)と比べて2%と小幅にとどまるのも特徴。老年人口(65歳以上)は増え続け、40年には31%に達する、としている。

 また、20年には156万5000人となり、国立社会保障・人口問題研究所が08年に出した20年の神戸市の推計(150万2000人)を上回り、全国20政令市で5番目の人口規模になる見通しという。
読売新聞 5月22日(火)15時41分配信
12052201 福岡市の市政だより「ふくおか」が月に2回配達されますので情報収集に役立てていますが、表紙(1面)に載っている人口が5/1号で前月比270人減となっていましたので、これまで毎月着実に人数が増えていたのにとうとう頭打ちになって減り始めたのかと思いましたので過去(6年分くらい)を調べてみました。
12052202
 すると、新年度明け(5月)くらいに一時期減っている年がありましたので、転出・転入が多いこの時期は統計の仕方か何かの関係で瞬間減ったようにな数字となるのかもしれません。
 参考に市政だよりに載っている人口を1年ごとにさかのぼってみると(※この間合併などはありません)
  2012年5/15号 1,483,052人(前年同月号比13,983人増)
  2011年5/15号 1,469,069人( 〃 15,007人増)
  2010年5/15号 1,454,062人( 〃 13,253人増)
  2009年5/15号 1,440,809人( 〃 10,900人増)
  2008年5/15号 1,429,909人( 〃 15,162人増)
  2007年5/15号 1,414,747人( 〃 13,535人増)
  2006年5/15号 1,401,212人
 まだまだ周りの市町村の(他県からも?)人間を引き寄せ続ける魅力のある町のようです。
(追記)
 市政だより6/1号では(予想どおり?)前月比4920人増となっていました。
 
ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で社員のやる気の(業績も)アップを!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

 
 

|

« 売国を目に見える形で実践の現政権 | トップページ | 第1回和白干潟クリーン作戦と自然観察に参加 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市の人口が一転 減少へ!?:

« 売国を目に見える形で実践の現政権 | トップページ | 第1回和白干潟クリーン作戦と自然観察に参加 »