« 何故か海上自衛隊のイベントで航空自衛隊の隊員募集ポスターを配布 | トップページ | キリストは隣人を愛せと説いていますが・・・ »

2011年12月19日 (月)

韓国グループコンサートに違和感

◆MBニュース 

慰安婦問題 恒例の「過去カード」 韓国政権末期を象徴

 日韓首脳会談での李明博大統領の慰安婦問題をめぐる発言は、当初の予測よりも強く、情に訴えるものだった。

 李大統領は会談の冒頭、「経済問題の前に過去の歴史の懸案、従軍慰安婦問題について話さねばならない」とクギを刺した。慰安婦問題を「法以前の国民情緒や感情の問題だ」と言う李大統領からは「誠意ある措置」「温かい心に基づいた解決策」「大局的に考えてほしい」「分かってほしい」など、情に強く訴える言葉が目立った。

 日韓国交正常化に関する協定で両国が個人賠償請求権の放棄で合意し、慰安婦問題が解決済みであることは、大統領自身承知のはずだが、現場にいた韓国政府当局者に「首脳会談であれほど李大統領が熱を帯びて語る姿を見たことがない」と言わせるほどだった。

 消息筋によると、李大統領は「韓流ブーム」で日本の韓国に対する印象が良好な中、日本の対韓国感情悪化を最低限に抑えようと、首脳会談に臨んだという。一連の発言は一応それをふまえたものだったようだ。

 韓国では政権末期になると、求心力を失ったときの政権が日本に対する“過去カード”を切ることが繰り返されてきた。財界人出身で現実路線をとる李大統領だが、任期1年あまりの政権末期を迎え、情緒的に訴えざるを得ず、ついに過去カードを使った。

 韓国国内では最近、与党議員を務める李大統領の実兄の秘書のほか、大統領夫人のいとこがあっせん収財容疑などで逮捕されている。大統領周辺に逮捕者が出るのも、韓国の政権末期に必ずといっていいほど見られる出来事だ。

 大統領周辺の不祥事続出。そんな中での大統領自らによる過去・歴史がらみの対日圧力。韓国特有の政権末期の現象だが、今回も韓国の大統領は、国内世論に押されるかたちで慰安婦問題を持ち出した。困惑する日本の姿に、韓国側は過去カードがまだ十分、利用価値があることを確認したわけだ。

 皮肉なことに、過去カードの価値確認は、韓国の政権末期に日韓の間で何度も繰り返されてきている。
産経新聞 12月19日(月)7時55分配信
 昨日、地元のイベント施設横通る時、お客さんの長い列(グッズ売り場)が出来ていましたの今日は誰かのコンサートが行われるのではないかと思われましたが、それにしては会場の周りの広い駐車場はガラガラなので不思議に思ってよく観察してみると、韓国のグループのコンサートのようで、列の横を歩きましたので通り過ぎる時にもう少し観察してみました。
 ほとんどが10代後半から20代くらいの女性で半分くらいは日本人ではないといった感じでした。
 近くに韓国との定期船も停泊してましたので、わざわざ船に乗って観に来たのかと思いましたので聞いてみると観光バスで乗り付けていたとのことですのでバスツアーで来た団体だったようです。
 韓流芸能人のコンサートを扱ったニュースで多くのお客を集めて盛況との報道に、ブームが本当にあるのか(実態を見たことがないので)疑問に思っていましたが、日本人(および韓国以外の外人)芸能人とは違った”何か”があるようです。
ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

 就業規則の整備で社員のやる気の(業績も)アップを!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

 
 
 
 

|

« 何故か海上自衛隊のイベントで航空自衛隊の隊員募集ポスターを配布 | トップページ | キリストは隣人を愛せと説いていますが・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国グループコンサートに違和感:

« 何故か海上自衛隊のイベントで航空自衛隊の隊員募集ポスターを配布 | トップページ | キリストは隣人を愛せと説いていますが・・・ »