« 祝(国内初)ユネスコ世界記憶遺産登録山本作兵衛画 | トップページ | 5月家庭節電30%達成! »

2011年5月31日 (火)

早良区のタクシー会社?

◆MBニュース

労基署が“問題就業規則”を受理 タクシー過剰減給

 福岡市早良区のタクシー会社が、駐車違反容疑で摘発された運転手を労働基準法の規定を大幅に上回る減給処分にしたとされる問題で、管轄する福岡中央労働基準監督署が昨年3、6月、同社の「駐車違反者に対して1回につき30万円」などと減給処分を記した就業規則変更届を、何の指導もしないまま受け付けていたことが30日、同社関係者への取材で分かった。

 同社関係者によると、同社は2009年7月「駐車違反者は1回につき10万円。その月の給料引きとする」と記した就業規則変更書類を作成し、10年3月に同監督署に提出。さらに同年6月、減給額を30万円に引き上げる書類を届け出た。労基法は就業規則を変更した場合、事業主に届け出を義務付けており、同監督署はいずれも受付印を押し受け付けたという。

 現在、同監督署は、同社の減給処分が「1事案の減給額が賃金1日分の半額を超えてはならない」とする労基法に違反する疑いがあるとして調査中だが、今年5月に元運転手らから相談を受けるまで同社への事情聴取や指導は行っていない。

西日本新聞 5月30日17時5分配信

 この記事の内容からは細かいところまでわかりませんので何とも言えませんが、公務員(職員)の削減が進んでいるようですので、物理的に全てのチェックが出来ない事情があるようです。

 そもそも(労働基準法違反が疑われる)明らかにおかしな就業規則を作る会社に一番の責任がありますので、変にニュースになって会社のイメージダウンをまねかない為にも、就業規則は労働法規に詳しい”プロ(社会保険労務士)”に製作を任せる(またはアドバイスを受けて作成する)のが無難なようです。

 (金銭)制裁は手当て、賞与ほか、出勤停止(無給)等で上手に調整して問題(違反)にならないようにしたいものです。

●ポスター

労働保険の年度更新 6月1日から7月11日まで

11nk 社長!!今年もよろしくお願いします。
守られている安心が、働くよろこびを支えています。
平成21年度から、年度更新の手続き期間を
6/1~7/10(今年は11日)までに変更しています。
○労働保険料の算定方法は変わりません(4月1日から翌年3月31日までに支払う賃金総額に保険料率を乗じて得た額となります)。
○年度更新申告書は5月末に送付する予定です。
○電子申請をぜひご利用ください。

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

 就業規則の作成・整備は適切ですか?
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 祝(国内初)ユネスコ世界記憶遺産登録山本作兵衛画 | トップページ | 5月家庭節電30%達成! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早良区のタクシー会社?:

« 祝(国内初)ユネスコ世界記憶遺産登録山本作兵衛画 | トップページ | 5月家庭節電30%達成! »