« 専業主婦特典も今は昔へと? | トップページ | 早良区のタクシー会社? »

2011年5月26日 (木)

祝(国内初)ユネスコ世界記憶遺産登録山本作兵衛画

◆MBニュース

<世界記憶遺産>山本作兵衛の作「筑豊炭坑画」国内初登録に

 日本ユネスコ国内委員会事務局に25日入った連絡によると、福岡県・筑豊の炭坑労働の様子などを独特の手法で表現した画家、山本作兵衛(1892~1984年)の原画や日記などが、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「メモリー・オブ・ザ・ワールド」(MOW、通称・世界記憶遺産)に登録されることが決まった。日本の歴史資料のMOW登録は初めて。

 山本作兵衛は福岡県笠松村(現・飯塚市)出身。14歳から筑豊各地の炭鉱で働いた経験を基に「子孫にヤマ(炭鉱)の生活や人情を伝えたい」と64歳から炭鉱労働者の日常を墨や水彩で描いた。余白に解説文を添える手法で1000点以上の作品を残し、うち約600点は福岡県有形民俗文化財に指定されている。

 申請していたのは、遺族が田川市石炭・歴史博物館などに寄贈するなどした1914~84年ごろの作品589点と日記・メモ類108点。狭い坑道で採炭するふんどし姿の男女やガス爆発の惨状、長屋での子供の遊びなど、当時の暮らしを克明に伝えている。

 田川市は当初「九州・山口の近代化産業遺産群」の一環として旧三井田川鉱業所伊田竪坑櫓(たてこうやぐら)などの世界遺産登録を目指していた。09年10月、審査で外れたが、関連資料として提出した作兵衛作品を海外の専門家らが絶賛。同市は昨年3月、MOW事務局に日本で初めて申請した。
毎日新聞 5月26日(木)1時11分配信
11052603  地元では有名な方(絵)で、いろいろと参考になる絵だとは思って観る機会も多かったですが、遺産登録で全国的に知られるようになりそうです。(左:写真は田川市美術館で15年くらい前に開催された特別展チラシ)
 田川市伊田の石炭・歴史博物館で常設で観れますので普段はひっそりとしている施設も観光コースとなれば多くの方が訪れそうです。
(下:石炭記念館案内クリックで拡大します)
11052600 11052601

福岡市の最新情報は・・・ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ もご参考にされて下さい

Suppliered Link

 福岡のイベント情報  http://homepage3.nifty.com/f1koubou/

 お子さんをどこに連れて行こうかと迷われていませんか?
 福岡を”遊ぶ&学ぶ”お父さん、お母さんを応援しています

|

« 専業主婦特典も今は昔へと? | トップページ | 早良区のタクシー会社? »

芸術観賞・絵画・美術展情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝(国内初)ユネスコ世界記憶遺産登録山本作兵衛画:

« 専業主婦特典も今は昔へと? | トップページ | 早良区のタクシー会社? »