« 原画のタッチ見てみたいです | トップページ | 我が家のギロロ伍長 »

2011年2月 9日 (水)

遠方から毒霧攻撃

◆MBニュース

福岡もやの原因、中国の大気汚染物質の可能性

 福岡市など九州の広い範囲で4日頃から上空がかすみ、九州大学応用力学研究所の竹村俊彦准教授(36)(気象学、大気環境学)の分析の結果、大気中の微粒子の数が通常の10倍に増加し、硫酸塩などの大気汚染物質の可能性が高いことがわかった。

 福岡管区気象台によると、2日以降、九州・山口で観測された。竹村准教授が計測したところ、通常なら大気1リットル中に約5万個ある微粒子が約50万個に急増。直径0・3マイクロ・メートル程度で、硫酸塩や、すすとみられる。西風に乗って中国から飛来しているという。

 竹村准教授は「呼吸器などの疾患を持っている人は特に外出を控えた方がいい」と話している。九州北部のピークは8日。その後は大気の流れが変わるため、週内に微粒子が大幅に増加することはないとみている。
読売新聞 2月9日(水)10時9分配信
 さらに中国に近い対馬などは年々ひどい状況になっているようです。(自然豊かな島に光化学スモッグ)
 一時的に減ってもまもなく黄砂の時期になりますので砂に混じって大量に毒物質が飛来することは確実のようです。
 健康被害が深刻にならない早期に(今すぐにでも)市民、県民、(この様子ではいずれ日本全国が汚染物質の被害を受ける=他県ごとではなくなるでしょうから国民全員)、地方・中央行政(政府)は厳重に中国に抗議しておいた方がよいのでは。
11020903
本日(2/9)午後 部屋から人工島方向を撮影
天気は良いのに記事のとおりかすんで視界は4~5km(?)ほど
ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

 日頃からの安全・衛生の啓発で従業員も会社も安心!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

 

|

« 原画のタッチ見てみたいです | トップページ | 我が家のギロロ伍長 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠方から毒霧攻撃:

« 原画のタッチ見てみたいです | トップページ | 我が家のギロロ伍長 »