« 鉄道が乗せてくるのは・・・ | トップページ | 貧乏人は消費しないのが最大のエコ? »

2011年2月 1日 (火)

家庭で裁縫する方どれほど?

◆MBニュース

<未払い賃金>「蛇の目ミシン」に労基署が是正勧告

 家庭用ミシン大手の「蛇の目ミシン工業」(東京都八王子市)が委任販売員に労働基準法に基づく賃金を支給していないとして、八王子労働基準監督署は31日、申告者3人の未払い賃金を払うよう是正勧告を出した。同社は「委任販売員は個人事業主で労働者ではなく、雇用関係もない」と主張していたが、労基署は労働者と認め、同社に全社的な調査を促した。同様の販売手法が広がる中、他の業界にも影響しそうだ。

 申告していたのは、「派遣ユニオン 蛇の目ミシン支部」の伊藤さん(46)ら。伊藤さんによると、セールス業務をする同社の委任販売員の給与は完全歩合制で、雇用保険や社会保険は適用されず、有給休暇や残業代も認められない。伊藤さんの平均月収は10万円程度で、ガソリン代など業務に要する経費を除くと手元には5万円程度しか残らない。

 会社側は指揮命令を否定するが、伊藤さんは「社員と同じ働き方をしており、実態は労働者だ」と主張する。

 伊藤さんは08年3月、賃金未払いなどについて同労基署に申告したが、「労働者性を確認できない」として指導を見送られたため、ユニオンを結成し、10年2月に2回目の申告をした。労基署は伊藤さんらが記録していた労働時間を基に最低賃金相当の保証給や有給休暇分の給与を支払うよう勧告。併せて全委任販売員の実態調査をするよう指導した。

 伊藤さんらによると、委任販売員は約150人。派遣ユニオンの関根秀一郎書記長は「労働者が一方的に個人事業主扱いにされる『名ばかり事業主』が増えている。波及効果も期待できる」と話す。

 蛇の目ミシン工業は「勧告の内容を検討し、対応を決めたい」と話している。

毎日新聞 2月1日(火)2時31分配信
 ミシン販売店の求人広告をたまに見ますが・・・ある意味(現状)納得。
 この記事の内容だけでは何とも判断がつきませんが、労使トラブルにより社名まで出ているのは事実ですので(全国的に少なからず負のイメージが)労働法令の解釈・運用は適切に。
●ポスター
労働保険適用促進
10rhts 社長!!あなたの会社、労働保険〔労災保険・雇用保険〕に入っていますか?
□ はい
□ いいえ
一人でも労働者(パート、アルバイトも含まれます)を雇った場合、事業主は労働保険に加入する必要があります。
「いいえ」とお答えの事業主は、加入手続きを速やかに行ってください。
本気で考えて。-----
労働保険
ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

 日頃からの適切な賃金労務管理でトラブル回避を!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 鉄道が乗せてくるのは・・・ | トップページ | 貧乏人は消費しないのが最大のエコ? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家庭で裁縫する方どれほど?:

« 鉄道が乗せてくるのは・・・ | トップページ | 貧乏人は消費しないのが最大のエコ? »