« 今年はホークス以上にアビスパを応援します | トップページ | 海外(航路)客日本一 福岡 »

2011年1月26日 (水)

教育崩壊 知らないだけ?

◆MBニュース

先生の思想を“教育”日教組教トンデモ報告続々

 ■「桃太郎の鬼の立場で」/自衛隊貢献評価ぼやき

 卒業式で「仰げば尊し」を歌わせないよう根回しし、平和教育で「桃太郎の鬼の立場に立ってみよう」と問いかける-。24日終了した日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)では、学習指導要領に基づいているとは思えない教育内容の報告が相次いだ。「北方領土はどこの国の領土か分からなくなった」と子供に問いかけた教師も。専門家からは「公教育で行うべきことか」と批判の声が上がる。

 「卒業式には『仰げば尊し』ではなく『○○』を歌って卒業させたかった」と報告したのは、広島県三原市の小学教師。年度初めから校長らに根回しし、子供たちにも「今年はこの曲を歌おうと思うんよ」と別の曲を聴かせていた。

 最終的に「仰げば尊し」を歌ったが、報告書では「『君が代』『仰げば尊し』の強制は子供たちのためになっているのか」と強調。個人の思想からの行為であることを隠さなかった。

 日本の“非”だけを強調する歴史観や、国際情勢を無視して単純に「戦争は怖い」というイメージを強調する「平和教育」の授業報告も多かった。

 千葉県木更津市の小学校では、戦争を考えさせるために、子供たちに「童話『桃太郎』で退治される鬼の立場になって考えてみよう」という筋違いな学習課題を提示していた。

 佐賀市の小学校では、このような平和教育を行った結果、将来の夢が「自衛隊に入り日本を守る」だった子供が、授業後、「自衛隊を含め一切の武力を放棄すべきだ」と考えを変えたという。

 ただ、沖縄県の中学校では、自衛隊の国際貢献を否定的に考えさせようとしたところ、子供から「他国の人々を助ける」などとプラスの評価が相次いだケースもあった。担当の教師は報告で「教科書や資料が政府の考えばかり。反論できる資料を持ち込まないと…」とぼやいた。

 北海道根室市の中学教師は北方領土を取り上げた社会の授業を報告。経緯を教える中で、「僕自身、北方領土がどこの国の領土か分からなくなった」と告白し、子供たちに「みんなはどう思う」と問いかけた。この教師によると、授業を受けて、「どこの国か分からなくなった」という意見が子供たちから出たという。

 高崎経済大の八木秀次教授は「公教育を教員の私的な思想表現の場にしている。こうした日教組組合員の行為は以前から行われてきたが、支援してきた民主党が政権についたことで、勢いを増しているのではないか」と話している。

産経新聞  1月25日(火)7時56分配信
 私の小学生の息子の話(そのような学習がなされているのでしょう)を聞いていると実際に記事のような状況があるのではないかと危惧しています。
 北方領土問題くらい正しく教えることができるよう年に1回でも勉強して頂きたいです。
11012601
公立の小・中校は公務員(現教師)だけに頼らず一部の教育は外部の有識者(民間)を入れたほうが良いのでは?
(仕事上の経験からも、外部から”おかしい”と指摘しないと気がつかないことは組織では多々あるようです)
●ポスター
北方領土返還運動全国強調月間
2月1日~28日
11sisima   2月7日 北方領土の日
 国民の 声と熱意で
 四島(ししま)返還
 強い意志を持って!
 ※四島とは(国後/くなしり、択捉/えとろふ、色丹/しこたん、歯舞/はぼまい)
ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

 日頃からの適切な労務管理でトラブル回避を!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 今年はホークス以上にアビスパを応援します | トップページ | 海外(航路)客日本一 福岡 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育崩壊 知らないだけ?:

« 今年はホークス以上にアビスパを応援します | トップページ | 海外(航路)客日本一 福岡 »