« 程度しだい? | トップページ | 八木山峠を越えるとそこは »

2010年12月 7日 (火)

重点産業と言われて幾年月

◆MBニュース

介護福祉士研修の修了者、94%が給与面で変化なし

 日本介護福祉士会(石橋真二会長)はこのほど、介護現場における小規模チームのリーダーや初任者などの指導係を養成する「介護福祉士ファーストステップ研修」修了者へのアンケート調査の結果を公表した。それによると、修了者の約94%が研修を受講しても給与面で変化がないと回答。約8割が職場での役職や地位を「受講時と同じ」としており、待遇への反映は限定的であることが分かった。

 調査は、厚生労働省の委託事業として2月から3月にかけて実施。同会が2006年度から昨年度までに行った同研修の修了者約1000人を対象に郵送で行い、467人から回答を得た。

 同研修を修了したことによる給与面での評価があったかを尋ねたところ、「いいえ」が94.4%を占めた。「はい」は3.0%。また、修了後の職場での役職や地位については、「受講時と同じ」が80.3%と最も多く、「受講時より昇格した」は11.6%だった。

 同研修を修了して上司や同僚などから評価された点を見ると、「介護に関する知識が向上したこと」(41.1%)が最も多く、これに「チーム内や他職種との連携がうまくとれるようになったこと」(24.8%)、「意欲的に業務に取り組むようになったこと」(23.3%)などと続いた。介護技術の向上に関しては、6.9%にとどまった。

 修了者への在るべき評価を尋ねたところ、「介護保険制度の配置基準や報酬などに反映してほしい」(41.3%)が最も多く、次いで「職場のなかで昇進・昇給などに反映してほしい」(21.4%)、「評価は特に必要ない」(5.8%)、「他の研修への読み替えを認めてほしい」(4.9%)などの順だった。

 日本介護福祉士会の担当者は、ファーストステップ研修を含むさまざまな研修によるステップアップを体系化した同会の生涯研修制度について、「介護従事者の職階と結び付けられるよう厚労省に働き掛けていきたい」と話している。

医療介護CBニュース 12月7日(火)21時28分配信
 職階と給与がそのままリンクするような錯覚があるようです。
 制度の根本から想定されていないのかもしれませんので独自の待遇改善策を期待します。
●ポスター
年末年始無災害運動
11cnn 今一度
慣れた心に 喝 入れて
災害防げ 年末年始
ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

 年末年始のいそがしい時期はより安全チェックを!
 福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 程度しだい? | トップページ | 八木山峠を越えるとそこは »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重点産業と言われて幾年月:

« 程度しだい? | トップページ | 八木山峠を越えるとそこは »