« 三日月公園の夕暮れ | トップページ | 大相撲の人気戦略転換時期に »

2010年11月15日 (月)

福岡市長選 民主大敗

◆MBニュース

福岡市長選で自公支援の元民放アナ初当選 与党系現職破る

 任期満了に伴う福岡市長選は14日投票、即日開票され、自民、公明両党の実質的支援を受けた元民放アナ、高島宗一郎氏(36)が、現職の吉田宏氏(54)=民主、国民新推薦、社民支持=ら7人を破り初当選を果たした。投票率は43.67%(前回42.57%)だった。

 過去最多の8人が立候補した選挙戦は高島氏と吉田氏の対決を軸に展開。両氏の応援に与野党幹部が相次いで駆けつけ、国政の「代理戦」の様相を見せた。衆院北海道5区補選に続く自民党系候補の勝利は今後の政局に影響を与えそうだ。

 市議会最大会派・自民党市議団の要請で出馬した高島氏は、政党の推薦は受けなかったものの、選対本部最高顧問として麻生太郎元首相らを迎え、事実上の「自民党候補」として戦った。

 党本部からは谷垣禎一総裁、石原伸晃幹事長ら幹部クラスが立て続けに来援。元アナウンサーとしての知名度も武器に支持を広げ、吉田氏の追撃を振り切った。

 吉田氏は民主党の岡田克也幹事長、枝野幸男幹事長代理らの応援を受け、市債残高の削減などを1期目の実績としてアピール。しかし、身内からも「説明力不足」(民主党市議)と指摘される政治姿勢が有権者の不満を招いたことに加え、尖閣諸島をめぐる問題などでの民主党への逆風も影響し、再選は果たせなかった。

 吉田氏と民主党推薦を争った元佐賀市長の木下敏之氏(50)は、佐賀市出身のため地盤が弱く支持拡大に苦心した。商工団体役員の有馬精一氏(59)=共産推薦=らも伸び悩んだ。

 山崎広太郎前市長の支援を受けた元市教育長の植木とみ子氏(61)は、投票日の5日前に「支持が伸び悩んでいる」として選挙戦からの撤退を表明した。ただ公選法上、立候補の辞退はできないため、投票日、期日前ともに得票は有効として集計された。

産経新聞 11月14日(日)22時57分配信
 息子が通う小学校が投票場となっていますので天気も良いので自転車で投票へ行きました。
(結果)  投票者数 492,277人(投票率 43.67%)
得票数(率)  高島 宗一郎 209,532票(43.1%) 
          吉田 宏   144,828票(29.8%)
10111501_2   どの候補も具体的な公約のないまま(責任のがれ?)の選挙戦でしたのでほぼ民主(吉田・現)と自民(高島・新)の2大政党の代理戦(一騎打ち)でした。
 尖閣問題が大きく影響したのは間違えないでしょう。

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 三日月公園の夕暮れ | トップページ | 大相撲の人気戦略転換時期に »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市長選 民主大敗:

« 三日月公園の夕暮れ | トップページ | 大相撲の人気戦略転換時期に »