« マンガクロニクル 11/7まで | トップページ | 負けても興行的にホクホクSB »

2010年10月18日 (月)

手っ取り早く警察のお仕事で

◆MBニュース

<不法就労>ITビザでスーパーで働かす 社長ら逮捕へ

 福岡県飯塚市の情報技術(IT)関連会社社長らが昨年12月、IT技術者名目で20代のカンボジア人男性3人を来日させ、同県久留米市内のスーパーで働かせていた疑いが強まり、県警などは出入国管理法違反(不法就労助長)容疑でIT関連会社社長ら関係者数人の逮捕状を取った。18日にも逮捕する方針。通常より2年長い長期滞在(5年間)が認められるIT技術者ビザを使った外国人労働者あっせん行為が表面化するのは極めてまれ。

 関係者によると、飯塚市のIT関連会社の社長(39)や同市のスーパー社長(31)らは昨年夏ごろ、カンボジア人3人(24~27歳)に「日本のスーパーで仕事がある」と勧誘。来日前のビザ申請手続きの際、日本での職業を「IT技術者」とし、勤務先を飯塚市内のIT関連会社とするよう3人に指示した。

 3人は昨年11月20日付でIT技術者として「特定活動(特定情報処理活動)」のビザを取得。同年12月に来日した。久留米市内のスーパーの倉庫で野菜袋詰めの作業などに従事したという。

毎日新聞 10月18日(月)2時31分配信
 わざわざ来日させて(不法に)働かせているのでしたら当然労働基準法等の労働法規もいつも違反していると(違反させて働かせないとメリットが少ないでしょうから)思われます。
 派遣元、派遣先どちらの代表者も逮捕とのことですので(外国人労働者の違法あっせんは)リスクが高そうです。
 ”表面化”するのが極めてまれとのことですので氷山の一角のようです。
(追ニュース)

「IT技術者」スーパーで働かせる 不法就労助長容疑、外国人社長ら逮捕 福岡

 在留期間が従来の技術者より2年長い「情報処理技術者」(IT技術者)の在留資格で入国したカンボジア人らをスーパーで働かせたとして、福岡県警外事課などは18日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、福岡県飯塚市のIT関連会社「マルテック」社長でマレーシア国籍のリム・ウィイ容疑者(39)ら4人を逮捕した。

 他に逮捕されたのは、同県久留米市、スーパー「くるめチマキヤ」社長、宮崎容疑者(40)と、同県飯塚市、スーパー経営、酒井疑者(31)ら3人。

 逮捕容疑は、平成21年12月、20歳代のカンボジア男性3人をマルテックとの雇用契約に基づくIT技術者として入国させながら、在留資格外の活動許可を受けずにチマキヤのスーパーで働かせたとしている。

 県警によると、酒井容疑者が約10年前、カンボジアで3人に日本語を教えていたことから来日を仲介。3人はスーパーで商品の袋詰め作業などに従事し、月給5万円程度で雇われていたという。

 県警は、リム容疑者らが外国人労働者を斡旋(あっせん)した見返りを受け取った疑いもあるとみて調べている。

産経新聞 10月19日(火)7時57分配信
◎啓発チラシ
福岡県の最低賃金692円 (10月22日から)
692_2 最低賃金額以上の賃金が支払われていますか?お確かめください。
最低賃金より低い賃金を労働者、使用者双方合意で定めた場合も法律によって無効とされ、最低賃金額と同様の定めをしたものとみなされます。
使用者も労働者も、必ずチェック最低賃金!

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« マンガクロニクル 11/7まで | トップページ | 負けても興行的にホクホクSB »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手っ取り早く警察のお仕事で:

« マンガクロニクル 11/7まで | トップページ | 負けても興行的にホクホクSB »