« 裁判員制度の真の目的 | トップページ | みんなで撲滅 飲酒運転 »

2010年10月26日 (火)

骨折り損のくたびれ儲け

◆MBニュース

休業給付金詐取:労災保険詐欺の被告に懲役5年--地裁判決 /兵庫

 わざと知人にけがをさせて労災保険の休業給付金をだまし取ったなどとして詐欺と傷害の罪に問われた大阪市此花区、葬儀会社経営、吉田被告(40)に対し、神戸地裁(三宅裁判官)は25日、「制度を利用した悪質な犯行」として懲役5年の実刑判決(求刑・懲役6年)を言い渡した。
 判決によると、男性は土木業などの「一人親方」を対象にした労災保険の特別加入制度を悪用して金をだまし取ろうと計画。加古川市平岡町、無職、松岡被告(45)=詐欺と障害罪で公判中=らと共謀して昨年1月、同制度に加入させた知人男性の左手の小指などを金づちで殴って骨折させ、西野田労働基準監督署(大阪市)に「通勤途中に転んで骨折した」と偽って申告するなどの手口で07年7月~昨年10月、計1950万円をだまし取ったとされた。

毎日新聞 10月26日(火)14時58分配信
 数千万円返すのは大変でしょう。
●ポスター
労災かくしは犯罪です
Rh08  事業主は、労働者が労働災害にあって休業・死亡した場合、所轄の労働基準監督署に「労働者死傷病報告書」を提出しなければなりません。
労働災害に健康保険は使えない、使わない。
労働災害の受診は労災保険で!

他 詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

 

|

« 裁判員制度の真の目的 | トップページ | みんなで撲滅 飲酒運転 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 骨折り損のくたびれ儲け:

« 裁判員制度の真の目的 | トップページ | みんなで撲滅 飲酒運転 »