« 救急車呼ぶと How much? | トップページ | 2010多々良流通夏祭り »

2010年7月17日 (土)

傾向はわかるようです

◆MBニュース

女性「育休」取得率が初の下落 不景気影響?

 右肩上がりを続けてきた女性の育児休業取得率が、平成21年度は85.6%(前年度比5ポイント減)と、8年度の調査開始以来、初めて下落に転じたことが16日、厚生労働省が発表した雇用均等基本調査で分かった。5~29人の小規模な事業所で下落幅が大きく、厚労省は「景気悪化の影響で所得が減ることを懸念し、育休を取らない人が増えた可能性がある」と分析している。

 調査は男女間の雇用実態を把握する目的で昨年10月に実施、8726の企業・事業所から回答を得た。

 厚労省によると、30人以上の事業所では育休の取得率は微増したが、5~29人の事業所では、前年度の93.4%から72.8%へと大幅に下落。小規模な事業所で働く人ほど生活に困窮し、子育てをしながらも働かざるを得なかった状況が伺える。

 一方、男性の育休取得率は1.72%(前年度比0.49ポイント増)と過去最高を記録。しかし、国は29年に10%、32年に13%とする目標を掲げており「いまだ低水準。もっと推進しないと目標に届かない」(厚労省)状況となっている。

 係長以上の管理職に占める女性の割合は過去最高の8%で、前回の18年度調査よりも1.1ポイント上昇。特に課長や部長級で上昇幅が大きかった。規模の小さい企業ほど、女性が管理職に登用される傾向が強かった。厚労省は「男女間の勤続年数の差が縮まっていることや、実力本位で女性を管理職に登用する企業が増えている」と話している。

産経新聞7月16日18時40分配信
 数字の絶対数は眉唾(統計のマジック)と思っていましたが大きな数字を掲げていたおかげで減少幅もわかりやすく良かったのかも。
10071701  福岡地方は梅雨明け? 
 夏空の日差しがまぶしい朝、かえる君たちは暑くなるのを予感しているのか少し憂鬱そうでした。
ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

 

|

« 救急車呼ぶと How much? | トップページ | 2010多々良流通夏祭り »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 傾向はわかるようです:

« 救急車呼ぶと How much? | トップページ | 2010多々良流通夏祭り »