« 休日に人気のない学習施設 | トップページ | 本日(6/9)ネッシーの日 »

2010年6月 8日 (火)

福岡労働者の権利意識高し

◆MBニュース

<労働審判>申し立て過去最多 不況を反映

 雇用や賃金を巡る労働者と事業主間のトラブルの迅速解決を図る「労働審判」の09年の申立件数が、過去最多の3468件(前年比1416件増)になったことが最高裁のまとめで分かった。不況を反映し、特に東京や大阪などの大都市部で急増し、利用が伸び悩んでいるとされる地方でも利用者が増えている。一方、大半の地裁支部では申し立てができないことが課題だ。

 昨年1年間の受理件数が100件を超えたのは▽東京(1140件)▽大阪(299件)▽名古屋(275件)▽横浜(256件)▽福岡(208件)▽さいたま(154件)▽神戸(125件)の7地裁。期間が違うものの、いずれも初年度の06年4~12月に比べ、3~7倍程度に跳ね上がった。

 地方でも利用が伸び始め、06~08年は1ケタで推移していた水戸や金沢、奈良など15地裁では、09年に初めて10件を超えた。地方は労働者側の権利意識が控えめなうえ、弁護士が少なく手が回らないとの見方もあったが、日本労働弁護団副会長の徳住賢治弁護士は「労働審判の評判が大都市、中堅都市から広がっているのではないか。この1~2年でさらに増える可能性もある」との見方を示す。

 しかし、地裁支部では、今年4月から申し立てを受理し始めた東京地裁立川支部と福岡地裁小倉支部以外では、取り扱われていない。山口地裁は昨年初めて受理件数が10件を超えたが、本庁から車で1時間以上かかる下関市や岩国市の支部では制度を利用できないのが実情だ。山口県内の男性弁護士は「最寄りの裁判所に申し立てられないと、敬遠しがちだ。制度の趣旨を思えば支部でもできた方がよい」と話している。

毎日新聞6月7日20時3分配信
 昨年の受理件数を見ると、福岡は人口あたりにすると裁判(労働審判)に持ち込む割合は他都府県を圧倒している(労使トラブル多発県?の)ようです。
 労働審判の制度活用で労使トラブルが裁判に(費用や時間が節約できる)もって行きやすくなったのでしょうが、企業側にとっても一件の負担は減っても件数が増えれば負担増となりかねませんので(管理がずさんな同じ会社に集中する傾向が・・・)、トラブルの予防(適切な労務管理)がまずは大切でしょう。
●ポスター
全国安全週間 7月1日~7日
準備期間 6月1日~30日
10cza01
みんなで進めよう
リスクアセスメント
めざそう職場の安全・安心

モデル:川島 海荷 さん

他 詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 休日に人気のない学習施設 | トップページ | 本日(6/9)ネッシーの日 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡労働者の権利意識高し:

« 休日に人気のない学習施設 | トップページ | 本日(6/9)ネッシーの日 »