« 規定参考に・・出来ません! | トップページ | 30年くらい見かけませんね »

2010年5月25日 (火)

殺処分は例外を認めないのに

◆MBニュース

<口蹄疫>雇用調整助成金支給要件を緩和 厚労相

 宮崎県で多発している家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)をめぐり、長妻昭厚生労働相は25日の閣議後会見で、従業員の休業手当に相当する額の一部を助成する「雇用調整助成金」の支給要件を緩和する方針を示した。口蹄疫に関係して売り上げが減った宮崎牛利用の飲食店や発生地の市町村内の事業主などが対象。

 通常、生産量や売り上げの最近3カ月間の月平均がその直前の3カ月に比べて5%減少した事業所などが対象だが、最近1カ月間の月平均が直前1カ月に比べ5%減少している事業主が利用できるようにする。対象として、宮崎牛を扱う食肉加工業者や運搬業者などのほか、発生地自治体内の企業や一般商店も想定している。他県でも関連が認められれば適用される。実施は25日。

 さらに、赤松広隆農相は25日の閣議後会見で、宮崎県が殺処分をせずに経過観察を要望している種牛49頭について、「(殺処分を)やるのは当然のこと。まだ49頭が残っていることのほうがむしろおかしい」と再考しない意向を示した。

 また、搬出制限区域の家畜を早期出荷させて緩衝地帯をつくる政府方針に関連し、現地対策本部長の山田正彦副農相が24日、食肉処理後に一時保管させる意向を表明したことについては「多少、本人の思いがあったかもしれない」などと述べて事実上否定した。牛より豚を優先する処理は「豚は急げば2週間ぐらいでできる」との見通しを明らかにした。

毎日新聞5月25日11時43分配信
 今後もこのような(助成金に関する)対応が行われるとそれこそ不公平の声が出そうな気も・・・
●ポスター
全国安全週間 7月1日~7日
準備期間 6月1日~30日
みんなで進めようリスクアセスメント めざそう職場の安全・安心
 経営トップの明確な安全方針のもと、店社、作業所の関係者が力を合わせて労働災害防止に取り組むことが重要です。

モデル:神戸 蘭子 さん

他 詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 規定参考に・・出来ません! | トップページ | 30年くらい見かけませんね »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 殺処分は例外を認めないのに:

« 規定参考に・・出来ません! | トップページ | 30年くらい見かけませんね »