« 本日は温度計の日 | トップページ | 新幹線レールウォーク新鳥栖 »

2010年5月14日 (金)

仕事が減れば当然!?

◆MBニュース

派遣の労災、昨年は半減=請負切り替えで―厚労省まとめ

 厚生労働省が14日発表した2009年の労働災害(労災)発生状況によると、派遣労働者の死傷者数(休業4日以上)は前年比49.1%減の2864人と、ほぼ半減した。07、08年は5000人を超えていた。しかし、世界的不況による生産水準低下のほか、いわゆる「派遣切り」の多発で製造業派遣への批判が高まり、企業の間で請負や契約社員に切り替える動きが広がったため、急減した。
 労災が起きた派遣先企業をみると、製造業が55.6%と半分以上を占め、運輸交通業(9.8%)、商業(9.2%)が続いた。死亡者数は23人で、前年比8人減少した。
 正社員らも含めた全体の死傷者数は11.5%減の11万4152人。死亡者数は193人減の1075人で、過去最少だった。厚労省は理由として、不況による事業量減少に加え、企業のリスクアセスメント(危険性評価)などの取り組み拡大を挙げている。 
時事通信5月14日17時25分配信
 今日は夕方に母校の就職課を訪問し、昨年・今年の学生の就職(企業の求職)状況等を伺ってみました。
 大手の業績回復のニュースもちらほら聞かれますので改善の兆しがあるのかと思いきや、昨年よりも今年の方がさらに悪くなっているとのことでした。
 とりわけ派遣業(社)からの求人が激減したのと、製造業やIT関連企業の設備(人材含む)投資の減少で2年前には引く手あまただった理系学生の就職状況が一変したそうです。
 労災事故(死傷者)の”件(人)数”が減っても素直に喜べないのが現状のようです。
●ポスター

全国安全週間 7月1日~7日

準備期間6月1日~30日

Kzas02経営トップの明確な安全方針のもと、店社、作業所の関係者が力を合わせて労働災害防止に取り組むことが重要です。

モデル:神戸 蘭子 さん

他 詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 本日は温度計の日 | トップページ | 新幹線レールウォーク新鳥栖 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事が減れば当然!?:

« 本日は温度計の日 | トップページ | 新幹線レールウォーク新鳥栖 »