« 完全民営化まだぁ? | トップページ | 石炭が日本の産業を一時期牽引しました »

2010年4月17日 (土)

過労死予防は細かな配慮で

◆MBニュース

<過労死控訴>障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決

 心臓に障害を持つ愛知県豊橋市の小池さん(当時37歳)が死亡したのは、勤務先の家電量販店の過重労働が原因だとして、妻(40)が労災認定を求めた訴訟の控訴審判決が16日、名古屋高裁であった。高田裁判長は身体障害者の労災認定について「平均的な労働者でなく、本人(の障害の程度)を基準に考えるべきだ」とし、業務と死亡の因果関係を認定。

 原告側の請求を棄却した1審名古屋地裁判決を取り消し、労災を認定する判決を言い渡した。

 専門家によると、過労死訴訟判決では「平均的な労働者」を基準に労働が過重だったかどうかを判断するのが一般的で、身体障害者について本人の障害程度を判断基準に示した判決は極めて珍しいという。

 1審判決は、心疾患のリスクが増えるとされる時間外労働は月45時間だとして、小池さんが月33時間の時間外労働をしていたことについて「心停止を発症させる原因になり得るほど過重だったとはいえない」と認定した。これに対し高裁判決は、身体障害者雇用促進法などで障害者の職務が過重とならない配慮が求められていることを示したうえで「業務による負荷が過重かどうかの判断は小池さん本人を基準にするべきだ」と指摘。

 小池さんの業務を過重労働だったとして死亡との因果関係を認めた。

 判決によると、心臓に障害を持つ小池さんは97年に身体障害者手帳(3級)の交付を受けた。00年11月に家電量販店に身体障害者枠で採用、店内での販売業務をしていたが、同12月、不整脈で死亡した。友子さんは01年11月に労災認定申請をしたが、豊橋労働基準監督署は不支給としていた。

毎日新聞4月17日1時9分配信
 労働者各人に対して細かな(安全)管理が必要となる場合があるようです。
●ポスター
労災隠しは犯罪です
Rh08 事業主は、労働者が労働災害にあって休業・死亡した場合、所轄の労働基準監督署に「労働者死傷病報告書」を提出しなければなりません。
労働災害に健康保険は使えない、使わない。
労働災害の受診は労災保険で!

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 完全民営化まだぁ? | トップページ | 石炭が日本の産業を一時期牽引しました »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過労死予防は細かな配慮で:

« 完全民営化まだぁ? | トップページ | 石炭が日本の産業を一時期牽引しました »