« 素人には「ややこしや」 | トップページ | 食べてみて良し悪しを判断 »

2010年3月 9日 (火)

猫も杓子も電子申請見直し

◆MBニュース

県警の電子申請、利用者ゼロで廃止に 税金4億円消える

 県警情報管理課によると、電子申請システムは、システム開発など04年度から2年間の準備期間を経て、06年4月から運用を開始した。申請対象は、道路使用許可申請や銃砲の発見届、質屋の営業許可証の紛失届など20種類。県警のホームページ上から手続き出来たが、2年間の運用で利用者は「ゼロ」。08年4月からは「休止」の状態だった。20種類の窓口での手続きは、08年の1年間でも計約1万4千件の申請などがある。

 2年間のシステム開発などに約1億6500万円、利用者のなかった2年間の運用費は約1億6400万円。「休止」中の08年度も約6400万円の経費がかかった。運用期間中は主にサーバーや端末のリース代などに経費がかかり、今年度は約5200万円の予算を確保していた。

 同課の担当者は「当時、全国的にシステムのオンライン化の流れがあった」としたうえで、「県警のホームページや警察署窓口でのビラの配布など、利用促進の広報はしてきた。明確な原因は調査段階だが、費用対効果を考え、廃止を早めに決断した」と釈明している。

 警察庁によると、全国で電子申請を導入しているのは25都道府県警(09年4月1日現在)にのぼる。このうち、福島県警が09年3月で廃止し、佐賀県警が08年4月で休止した。これ以降の各都道府県警での運用状況については把握していないという。

 電子申請は、政府のIT戦略に基づいて、01年以降、国と地方で急速に進んだが、利用率は好調とは言えない。行政手続きでは、47都道府県の利用状況を朝日新聞が調べたところ、財政難を背景に19府県が手続きの全面休止や縮小を実施、もしくは予定していた。国の電子申請も、8官庁が新年度までに、全64システムの2割を廃止の方針だ。

朝日新聞3月9日朝刊

 机上で考えれば便利(効率が良い)だったのでしょうが、現実は予想とは違うことも多々あるようです。

 一度システムが出来上がると利権や面子などが絡むので正しい判断が難しくなる傾向があるようですが、今回の佐賀県警のすばやい(?)行動は数字が明快に裏づけしていたので出来たラッキーな事例かもしれません。

●ポスター

Look!

耳先をカットされている猫は不妊手術済みです。

10look

 この(ポスターの貼ってある)地域の猫はこれ以上増えすぎて人に迷惑をかけないよう、ボランティアが不妊手術(TNR)と耳先カットを行っています。

 共に生きる街の仲間として一代限りの命をみんなでやさしく見守ってあげましょう。

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

 

|

« 素人には「ややこしや」 | トップページ | 食べてみて良し悪しを判断 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫も杓子も電子申請見直し:

« 素人には「ややこしや」 | トップページ | 食べてみて良し悪しを判断 »