« 港町「博多」の象徴復活へ | トップページ | 自称イケメンにも応募求む »

2010年3月10日 (水)

社会保障は自ら申請が原則

◆MBニュース

<障害年金>障害者手帳所持者の受給少なく 厚労省が調査へ

 障害年金の受給者が障害者手帳を持つ人の3分の1に満たないことから、厚生労働省が実態調査することを決めた。両者の認定基準は異なるが、同省は障害年金を受け取れる可能性があるのに申請していない障害者がいるとみている。

 障害基礎年金や障害厚生年金の受給者は計約179万人。一方、公的福祉サービスを受ける際に必要な障害者手帳の所持者は約630万人(身体約503万人、知的約79万人、精神約48万人)。

 心臓手術でペースメーカーを埋め込んだ場合、障害者手帳の等級は1級でも障害年金は3級とされて支給されないなど、認定基準が異なり、同数にはならない。だが障害年金を受給できるのに、手続きをしていない人が少なくないとされる。視覚障害の場合、障害年金1級と身障者手帳2級の要件は「両眼の視力の和が0.04以下」で同じだが、1級(同0.01以下)と2級の手帳取得者計約23万人に対し、障害年金の受給者は約10万人にとどまる。

毎日新聞3月9日15時1分配信
 特に会社勤め時代の傷病で治療を開始し後にその傷病が原因で身障者手帳を所持されている(障害年金をもらっていない)方は一度(自ら)早めにお調べ(ご相談)下さい。

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 港町「博多」の象徴復活へ | トップページ | 自称イケメンにも応募求む »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障は自ら申請が原則:

« 港町「博多」の象徴復活へ | トップページ | 自称イケメンにも応募求む »