« 愛ちゃん残念石川選手に期待 | トップページ | 酒蔵見学(玉の井酒造) »

2010年1月16日 (土)

ひどい例もっと聞かせて!

◆MBニュース

救急病院で受診の軽症患者、特別料金を検討

 厚生労働相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」(中医協)は15日の総会で、病院勤務医の負担軽減策の一環として、軽症でありながら救急病院を受診した患者からの特別料金徴収を検討することなどを盛り込んだ、2010年度の診療報酬改定の骨子案をまとめた。

 救急医療については、軽症患者の夜間や休日の安易な受診が、勤務医の疲弊や重症患者の治療への支障につながっているという指摘がある。

 厚労省はこの日の総会で、救急外来で薬の長期処方を要求したり、虫さされや指のトゲの治療を求めたケースを軽症者の例として示した。そのうえで、特別料金徴収を、全国221か所の救命救急センターの救急外来を訪れた患者のうち、診断前に医師から軽症だと判断された人を対象に行う方針を示した。保険診療の自己負担とは別に費用がかかることを説明し、それを受け入れて受診した場合に徴収する考えだ。

 総会では、患者の受診抑制につながることなどを理由に慎重意見も出たが、最終的に了承された。中医協は22日まで骨子案への国民の意見を受け付け、2月中旬にも改定の詳細を決定する。特別料金徴収も10年度中に実施したい考えだ。

 骨子案にはこのほか、〈1〉多数の救急患者を受け入れるための体制を整えている医療機関を評価する〈2〉医師事務の作業補助者をより多く配置した機関を評価する――ことなどを盛り込んだ。

読売新聞1月15日19時39分配信
 先日、救急外来に行きましたが、正式な診察前に受付横で簡易診察が行われていましたのですでに記事のような2段階診療は行われているようです。
 十人に一人か、百人に一人か、千人に一人かはわかりませんが、”必ず”常識はずれな人はいるものですから(割増料金の請求は)良い方法ではないでしょうか。
 

●ポスター

救急救命士

09kkbz 大切な命を救うため
医師と共に -救急救命士-
私たちが行うことのできる
救急救命処置が増えています。
その技術を確かなものにするために。
救急救命士の病院実習に
ご理解・ご協力をお願いします。
モデル:南 明奈 さん

他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 愛ちゃん残念石川選手に期待 | トップページ | 酒蔵見学(玉の井酒造) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひどい例もっと聞かせて!:

« 愛ちゃん残念石川選手に期待 | トップページ | 酒蔵見学(玉の井酒造) »