« 本日福岡県警察年頭視閲 | トップページ | ガンダムのプラモじゃない »

2010年1月 6日 (水)

手に負えないなら呼んで!

◆MBニュース

押尾容疑者、異変直後通報なら 8割超で救命可能 警視庁推定

 元俳優の押尾容疑者(31)による保護責任者遺棄致死事件で、飲食店従業員、田中さん=当時(30)=の異変直後に押尾容疑者が119番通報した場合の救命可能性が、少なくとも8割以上あったと警視庁捜査1課が推定していることが5日、捜査関係者への取材で分かった。押尾容疑者が田中さんに「大丈夫か」などと声をかけていたことも判明。捜査1課は田中さんの異変を十分に認識しながら放置したとみて、詳しい経緯を調べている。

 捜査1課の調べでは、田中さんは昨年8月2日、東京都港区の六本木ヒルズの一室で、押尾容疑者と一緒にMDMAを服用した後の午後6時ごろ、気分の不調を訴えるなど異変が始まったとされる。押尾容疑者は「大丈夫か」などと声をかけたが、田中さんは意味不明な言葉を繰り返して錯乱状態に陥り、午後7時ごろに死亡したとみられる。

 捜査1課は、押尾容疑者が異変直後に119番通報した場合の田中さんの救命可能性について、専門家に分析を依頼。専門家は、(1)異変があったとされる午後6時前後の救急車の到着・搬送時間(2)六本木ヒルズ周辺で受け入れ可能な病院(3)同病院で期待できる医療内容-などを総合的に検討し、「女性は十中八九、助かった」との趣旨の結論を出したという。

 捜査1課はこの結論を踏まえ、押尾容疑者の行為と、田中さんの死亡に因果関係が認められると判断。保護責任者遺棄致死容疑での逮捕に踏み切った。産経新聞1月6日7時56分配信

 薬物所持・使用から”人としての行動”に事件の焦点が移り、どちらかと言うとこちらの方が興味深いので起訴されれば注目の(裁判員)裁判となりそうです。

 私がぶっ倒れた(病気、事故、事件に関わらず)時はすぐに救急車を呼んで頂きたいと願うばかりです。

●ポスター

救急救命士

09kkbz 大切な命を救うため
医師と共に -救急救命士-
私たちが行うことのできる
救急救命処置が増えています。
その技術を確かなものにするために。
救急救命士の病院実習に
ご理解・ご協力をお願いします。
モデル:南 明奈 さん

他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 本日福岡県警察年頭視閲 | トップページ | ガンダムのプラモじゃない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手に負えないなら呼んで!:

« 本日福岡県警察年頭視閲 | トップページ | ガンダムのプラモじゃない »