« 四季公演休止残念! | トップページ | 中小零細には縁なし!? »

2010年1月31日 (日)

暮らしている人がごまんと

◆MBニュース

生活体験:「最低賃金」で1カ月暮らせますか 県労連募集の23人が来月挑戦 /山口

 ◇これまで120人参加、成功わずか2人
 ◇可処分所得約9万円に「食費を削って…」
 「最低賃金」で1カ月間、暮らしたらどんな生活に?--。県で定められた今年度の最低賃金は669円。これを基にした月収ですべての出費を賄う生活体験に、若い教師や就職活動中の者たち23人が2月に挑戦する。労働組合が毎年取り組んでいるが、これまで参加した120人のうち、賃金内の生活ができたのはわずか2人。経済、雇用を取り巻く状況は依然として厳しいだけに、「ぎりぎりの体験を通し、きつい暮らしを余儀なくされている人たちに思いを寄せる」狙いだ。
 県労連が呼び掛け、22~58歳の男女が応じた。県の最低賃金で1日8時間、週5日働けば、2月に得られる賃金は10万7040円。ここから税金などを引いた可処分所得は約9万円になり、実際にかかった食費や住居費などを毎日、家計簿に記していく。終了後には感想文を提出する。
 山口労働局によると、県の最低賃金は、2000年からの10年間で計37円引き上げられた。中四国、九州では、広島、福岡、岡山県に次いで高い。しかし全国平均(713円)で、年1800時間のフルタイムで働いても年収130万円弱。ワーキングプアの指標とされる年収200万円にも及ばない。
 昨夏の総選挙では、自民を除く各党がマニフェスト(政権公約)で最低賃金の底上げを訴えた。民主は全国最低賃金(800円)を設け、景気状況に応じて1000円を目指す▽共産、社民は1000円以上▽公明は平均1000円を目指す--などだ。
 県労連によると、正規社員の平均時給は2419円だが、派遣労働者は1191円など賃金格差が広がっているという。

毎日新聞1月30日16時0分配信
 TV番組の企画のパクリ(1ヶ月)ではなく再就職難の現在、最低1年くらい体験すれば”現実に近い”最低賃金での生活の実情がわかるかもしれません。
Saitin7  福岡県内事業所で県の最低賃金””「680円/1時間」(平成21年10月16日~)を知らない事業所ないと思われますが、そもそも最低賃金とは?
1、法令で定められていますので違反すると罰金刑も
2、各都道府県で異なる。別に特定(産業別)最低賃金の定めも
3、基本的に、正社員・パート・アルバイト他すべてに適用されるが一部例外も
4、派遣労働者は派遣先の事業所の地域の額を適用
5、対象となる賃金には範囲(手当て等の種類)がある
6、ほぼ毎年改定されるので額及び発行日も注意
7、最低賃金額以上かを正しくチェック(算定方法の理解)

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 四季公演休止残念! | トップページ | 中小零細には縁なし!? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暮らしている人がごまんと:

« 四季公演休止残念! | トップページ | 中小零細には縁なし!? »