« 次は社名や代表者を変えて | トップページ | 民主政権で本腰へ!? »

2009年12月17日 (木)

気づいたときにすぐ対策

◆MBニュース

工場爆発事故で工場長らを書類送検/神奈川県警

 昨年4月に横浜市金沢区の化学薬品製造会社「関東高圧化学」(現・日本カーリット)工場で従業員2人が死傷した爆発事故で、県警捜査1課と金沢署は16日、業務上過失致死傷の疑いで、当時の工場長(58)と副工場長(56)を書類送検した。

 ほかに、従業員に対する業務上過失傷害容疑で、事故で死亡した研究グループ課長=当時(34)=を書類送検。水と反応すると爆発の危険性がある「トリクロロシラン」を無許可で169キロ貯蔵したとして、消防法違反容疑で同社と当時の工場長、営業課長(37)も書類送検した。

 送検容疑は、爆発したステンレス製の高圧がまについて、労働安全衛生法で定める2年に1度の自主検査を怠るなど業務上の注意義務を果たさず、爆発事故を起こした、としている。

 県警のこれまでの調べでは、事故は昨年4月7日午前8時50分ごろ、同社横浜工場研究棟で発生。合成ゴムの強化剤を作るため、「トリクロロシラン」などを高圧がま内でかき混ぜる作業中に、温度調節装置の亀裂から水か蒸気がかま内に漏れ、爆発したとみられる。研究グループ課長が爆死し、男性従業員(31)が外傷性くも膜下出血などの重傷を負った。

 県警によると、高圧がまの検査は1997年を最後に行われていなかった。調べに対し当時の工場長らは「高圧がまは検査の対象外だと思った」などとする一方で、「かまが老朽化しているとの報告は受けていた」とも説明しているという。

 日本カーリット(東京都千代田区)は「大変迷惑を掛けた。深くおわびするとともに、二度と事故を起こさないよう、安全対策を徹底したい」とコメントした。カナコロ12月17日0時15分配信

 職場の安全配慮義務が何かと問われる時代に、完全な法令違反では死傷した従業員への損害賠償は多額(労災保険からの保障とは別に数千万円)と思われます。

 日頃の安全衛生啓発の積み重ねで労使の意識を高め、事故の発生を防ぎましょう。

●ポスター

2010年 労働安全・衛生年間標語

10ranh_2 身につけよう
基本作業とプロ意識
みんなで築く安全職場

モデル:関根 麻里 さん

他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 次は社名や代表者を変えて | トップページ | 民主政権で本腰へ!? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気づいたときにすぐ対策:

« 次は社名や代表者を変えて | トップページ | 民主政権で本腰へ!? »