« ポッポ管理人さん | トップページ | 感情的になった方が負け »

2009年12月 8日 (火)

福岡空港:過疎化問題

◆MBニュース

福岡空港:過密化問題 PI評価委を設置、住民の意見反映へ--構想検討協 /福岡

 福岡空港の過密化対策として、滑走路増設案を基に需要予測などを精査する国、県、市の「福岡空港構想・施設計画検討協議会」は7日、住民の意見を聴く「パブリック・インボルブメント(PI)」の透明性や中立性をチェックする評価委員会を設置し、初会合を開いた。
 評価委は、学識者やジャーナリストら5人で構成。協議会は、需要予測の他、拡張用地規模の検討▽費用便益の分析--などをレポートにまとめることにしており、評価委はその情報提供の在り方やPIの手続きをチェックし、第三者の立場から助言する。
 この日の会合で、石田東生(はるお)・筑波大教授(システム情報工学)を委員長に選出。その後の議論では「需要予測や費用便益はシビアな意見が出る。一方通行に伝えるのではなく、コミュニケーションが取れるような工夫が必要」「先に作成されたレポートを出されて評価を求められても困る。意見が反映されるように、作成前に議論を深めたい」など委員からの要望が続出した。毎日新聞12月8日17時1分配信

 少子化で人口は減り、景気も後退して利用者の所得も減り、税収も減って行政の支出(路線を減らさないための航空会社への補助)もままならない現状で、まだ過密化すると信じられる人は逆に幸せかも。今後は空港の縮小をくい止める方を検討したほうがよくなるかもしれません。

~(追記)~

日航、静岡空港からも撤退 2010年4月から

 経営再建中の日本航空は17日、2010年4月から静岡-札幌、静岡-福岡便を運休し、静岡空港から撤退することを正式に決定した。

 日航は静岡-札幌間を1日1便、福岡間を1日3便運航しているが、福岡便は搭乗率が目標に達しない場合に県がJALに「搭乗率保証」を支払わなければならない搭乗率70%を下回る状況が続いていたほか、札幌便も70%を半ば程度で推移。採算が厳しい状況が続いていた。

 日航は経営再建に向けて不採算路線からの撤退を順次進めており、今回の決定と合わせて09年度以降の国内旅客事業として20路線を運休し、4地点から撤退することを発表している。産経新聞12月17日13時19分配信

●ポスター

使って実感!ネットで申告 e-Tax

09et2 税務署へ行かなくていいんだ!
自宅からネットで納税もできる!
添付書類の提出が必要ないの!
最高5,000円の税額控除が受けられるんだ!
えっもう還付金が戻ってきた!

国税庁e-Taxホームページ www.e-tax.nta.go.jp

他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« ポッポ管理人さん | トップページ | 感情的になった方が負け »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡空港:過疎化問題:

« ポッポ管理人さん | トップページ | 感情的になった方が負け »