« 仕事内容を家族も知ってれば | トップページ | 年金定期便確認しました? »

2009年11月 5日 (木)

被害者に有利な取り扱いへ

◆MBニュース

<石綿健康被害>肺がん死の男性、労働者時代の労災適用へ

 労働者時代にアスベスト(石綿)を吸い肺がん死した元断熱工の妻が、政府の自営業者向け労災保険に特別加入していたため、補償が激減したのは不当と処分取り消しを求めた岡山地裁の訴訟で、国が処分を取り消す方針であることが分かった。原告の主張通り労働者時代の労災保険が適用され、訴訟は終結する見通し。補償は約2倍になる可能性がある。

 類似訴訟で今年7月、横浜地裁で肺がん患者が勝訴して確定。厚生労働省も8月に改善通知を出していたが、岡山の訴訟では国が9月の初弁論で争う姿勢を示していた。

 元断熱工は岡山県玉野市の「山陽断熱」で1955~77年勤務。石綿含有の保温材の取り付けなどをした。その後、自営業の工事で石綿を扱い、91年に労災保険に特別加入。02年に肺がんとなり、03年に66歳で死亡した。

 妻は06年、補償請求。倉敷労働基準監督署は発病直近の石綿関連職場での労災保険を使う適用原則を重視。特別加入時に任意設定した保険料に基づき、1年間の遺族補償は59万円で07年に労災認定していた。毎日新聞11月5日2時30分配信

 昨年石綿による健康被害の救済に関する法律が一部改正され特別遺族給付金の請求期間が延長されていますので対象となりそうな方は早めのお手続を。

●ポスター

秋の火災予防運動

09akkh 住警器 頼れる我が家の 見張り番
つけてください、住警器。
暮らしの安全を守るため。
消えるまで
ゆっくり火の元
にらめっ子

他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

(モデル:大沢あかね さん)

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 仕事内容を家族も知ってれば | トップページ | 年金定期便確認しました? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被害者に有利な取り扱いへ:

« 仕事内容を家族も知ってれば | トップページ | 年金定期便確認しました? »