« 負けるが勝ち | トップページ | 魅力ある職業への道遠し »

2009年11月13日 (金)

ストレスの受け方に個人差大

◆MBニュース

<労災>「死亡は長期研修のストレス」認める 札幌地裁

 北海道旭川市に住むNTT東日本の男性社員(当時58歳)が急性心不全で死亡したのは「業務変更に伴う長期研修によるストレスが原因」として、遺族が旭川労働基準監督署に対し、労災申請却下の取り消しを求めた行政訴訟の判決が12日、札幌地裁であった。橋詰裁判長は死亡と業務の因果関係があるとして労災を認め、同労基署に却下処分の取り消しを命じた。遺族側代理人の弁護団によると、残業や長時間労働のないケースで裁判所が労災と判断したのは全国初という。

 判決によると、亡くなったのは奥村さんは心臓疾患を抱えていたが、01年4月、会社側から早期退職か業務変更を求められた。業務変更を選んだ奥村さんは02年4月から札幌市や東京都で新業務に必要な技能習得のための研修に参加していたが、同年6月9日に死亡した。

 判決で橋詰裁判長は「研修中は時間外労働がなく、労働時間の点で大きな負荷はなかった」としながらも、「日程や実施場所によって心臓疾患を増悪させ、急性心不全が発症した。研修参加、異動の不安が肉体的、精神的ストレスとなった」と判断した。判決について妻の節子さん(63)は「苦しくても裁判を闘ってきてよかったです」とのコメントを出した。

 遺族は03年2月、同社に対し、約7200万円の損害賠償などを求めて提訴。会社側に約1660万円の支払いを命じた札幌高裁判決(09年1月)が確定している。毎日新聞11月12日20時45分配信

 ここまであいまい(客観的な証拠集めが難しそう)な事案でも労災と認定されるようになるとなると・・・、

◎社会保険労務士による《無料相談会》

11月14日(土) 10:00~16:00 

09ms_2 場所 福岡会場 ・天神イムズ前広場 ・三越ライオン広場前
北九州会場 ・小倉駅3F JAM広場
筑豊会場 ・イオンショッピングタウン穂波1F(ジャスコ穂波店)
県南会場 ・ゆめタウン久留米2Fイーストコート ・ゆめタウン大牟田新館2Fわくわく広場

○労働問題の相談 ○年金の相談 ○労災保険・雇用保険・健康保険の相談 ○人事労務の相談

労働者の方、事業主の方、年金が気になる方等どなたでもお気軽にご相談へお越し下さい。守秘義務厳守致します。

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

 

|

« 負けるが勝ち | トップページ | 魅力ある職業への道遠し »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストレスの受け方に個人差大:

« 負けるが勝ち | トップページ | 魅力ある職業への道遠し »