« 目で見て納得 | トップページ | 日韓文化交流公演BREAKOUT »

2009年10月27日 (火)

商才も生かしてサービス向上

◆MBニュース

釣りガイドで副収入 京都労働局、職安職員に戒告処分

 京都労働局は26日、15年にわたり釣りガイドなどで副収入を得ていたとして、京都七条ハローワーク(京都市下京区)の男性職員(39)を国家公務員法違反で戒告処分にしたと発表した。男性は同日付で依願退職した。
 同局によると、男性は学生時代から自前のボートに釣り客を乗せて釣りスポットを案内しており、同局に採用された1994年以降も休日にガイドを続けていた。釣り具メーカーと契約して新製品のテストをしたり、専門誌に寄稿するなどして年平均約110万円を稼いでいたという。
 6月下旬に匿名の通報で発覚。男性は「趣味の延長で始めたのでプロの意識は希薄だった。退職してプロの道を歩みたい」と話しているという。京都新聞10月26日22時49分配信

 この方の副業の内容からすると(民間企業のサービスや経済感覚も取り入れて)効率よく通常の仕事もこなしていたような気がします。(特に窓口業務でしたら相談者への応対も良かったのでは)

 給与削減が新政権により進められるようですので(国家に限らず)公務員が副業ができない規定自体考え直す時代がきているのかも・・・

●ポスター

さわやか行政サービス運動推進

09sgsu これからもずっと、街と暮らしに、いい風を

親切で、まごころのこもった行政をめざして

( ポスターモデル:重廣礼香 さん)


 他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 目で見て納得 | トップページ | 日韓文化交流公演BREAKOUT »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商才も生かしてサービス向上:

« 目で見て納得 | トップページ | 日韓文化交流公演BREAKOUT »