« 前そう言ってたジャン | トップページ | 平成21年小学校運動会 »

2009年10月18日 (日)

雀の涙ほどの支給で・・・

◆MBニュース

<年金受給>時効制度の見直しを検討 長妻厚労相

 長妻昭厚生労働相は、原則25年の加入が必要な公的年金の受給資格や、受給開始年齢から5年以上申請がないと消滅する年金受給権の時効について、資格要件緩和や時効撤廃を含めた見直しの検討を始めた。年金記録問題解決のために発足した大臣直属の有識者会議でも取り上げる。

 日本の年金の受給資格は海外に比べ突出して厳しい。社会保険庁の推計では、無年金者や今後保険料を払い続けても加入期間が25年に満たないため受給できない人が118万人に上る。このため、受給に必要な加入期間を短くすることを検討する。一方、時効は国民年金法などで定められている。時効で受給権が消滅した年金は、07年度だけで過去最多の2万1828件、365億円。

 時効を巡っては、国民年金保険料の未納分を支払えるのは、支払期限から2年前までの分に限られるという問題もある。支払い意思があっても保険料を納められず、受給資格を満たせない人がいる。

 このため受給権や納付の時効を一時中止し、特例的に救済する方法などを検討する。時効の延長や撤廃、さかのぼって救済することができないかどうかも検討する。毎日新聞10月18日2時30分配信

 これまでのルール(期間他)には何か合理性があったのでそう決まっていたのでしょうからその理由が何だったのか、そして変更が加えられるのならどのように(良い方向へ)変わるのか(先行き)をきちんと他の保障制度と合わせて広く検証しながら論議を進めて頂きたいです。

●ポスター

2009年度 全国統一防火標語

09kynh 消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子

2010年度 標語 募集中!

期間 9月18日(金)~11月30日(月)

 他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

(モデル:高山侑子 さん)

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 前そう言ってたジャン | トップページ | 平成21年小学校運動会 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雀の涙ほどの支給で・・・:

« 前そう言ってたジャン | トップページ | 平成21年小学校運動会 »