« ついでにパンツの中も見せて | トップページ | 新博多駅工事着々進行中! »

2009年9月 9日 (水)

地元初お目見え

◆MBニュース

裁判員裁判 九州初、9日福岡で開廷

 九州で初の裁判員裁判が、9日から3日間の日程で福岡地裁である。審理されるのは、イランから覚せい剤を密輸入したとされる事件。被告・弁護側は起訴内容を認める方針で、「刑の重さ」が焦点となる。この事件を含め、九州では10月にかけて計6件の裁判員裁判の日程が決まっている。

 福岡地裁の覚せい剤事件は、起訴状によると、被告の男(39)=大阪市淀川区=が2月、仲間と覚せい剤約470グラムを小分けにして詰めたゴム製指サック94個を飲み込み、イランから航空機に乗って密輸入したとされる内容。検察・弁護側とも、事件の構図などを法廷の大型モニターやボードを使って立証する。

 9日午前に裁判員選任手続きがあり、午後に初公判。10日の審理で結審し、11日に判決が言い渡される予定。

 市民にはなじみの薄い密輸事件だが、福岡地検は「覚せい剤が社会に広がるもととなる事件の審理に加わってもらうことで、蔓延(まんえん)防止、抑止につながる」としている。

 このほか福岡地裁では15-18日、福岡県久留米市で父親(78)が長男=当時(49)=を殺害したとされる事件の裁判員裁判を予定。続いて宮崎、熊本、大分の各地裁でも開かれる。10月20-23日には福岡地裁で被害者のプライバシー保護や2次被害防止が課題となっている性犯罪事件の審理がある。西日本新聞9月8日7時7分配信

 直接の被害者(家族)がいない裁判で、被告の量刑の重・軽しか判断しないで良いので初回向け(裁判員の負担が少ない)かも。

●ポスター

裁判員制度

Ss061 その時 自分ならばどうする

 ~相田みつを~

私の視点、私の感覚、私の言葉で参加します。

裁判員制度 スタートしました

他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« ついでにパンツの中も見せて | トップページ | 新博多駅工事着々進行中! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地元初お目見え:

« ついでにパンツの中も見せて | トップページ | 新博多駅工事着々進行中! »